誰か止めて!夜泣きはいつからはじまり、いつおわる?

yonaki
赤ちゃんの夜泣き
は、毎晩続くと精神的にもとても負担となります。育児の中でもとても辛い夜泣き、しかし赤ちゃんが泣く事には理由があるのです。周囲への迷惑も気になる赤ちゃんの夜泣きですが、改善する方法はあるのでしょうか?毎晩続く夜泣き、いつになったら終わるのか、ママの体にも疲労がどんどんたまっていきますよね。

早く終わって欲しい夜泣き、どんなことが原因なのか、そして効果的な対処方法についてご紹介いたします。


誰か止めて!夜泣きはいつからはじまり、いつおわる?


夜泣きの原因とは
夜泣きをする原因はいくつかの理由が考えられます。ママが疲れて眠いところでの夜泣き、辛い時期は何とか我慢して過ごすしかありません。

しかし夜泣きをせずにぐっすり眠る赤ちゃんもいるのです。では夜泣きをする原因は一体なんでしょう?それはオムツが濡れている、お腹が空いている、これらの理由の他には、部屋の中の照明が明るすぎる事や、室温が丁度良く調節できていない事なども理由として考えられます。

そして注意が必要なのが入浴する時間帯です。夜寝る時直前に入浴をすると、体温が高すぎてなかなか寝付けない場合もあります。赤ちゃんの体が生活習慣を覚えるためにも、適切な時間帯で毎日お風呂にいるように心がけましょう。そしてテレビや音楽など興奮するものは、寝る時間にはなるべく避け、静かにリラックスできる環境が必要です。


夜泣きはどういうサインなのか
夜泣きをする理由は、いくつかの原因があります。母乳の場合は満腹感が持続しない為に、夜中にも授乳をする必要があります。それに比べてミルクの場合は満腹時間も長いために、夜泣きをせずに朝までぐっすり眠る赤ちゃんがとても多いです。

お腹が空いてしまうことや、オムツの交換をすることなどが理由で泣く場合が一般的です。しかし成長とともに、甘えて夜泣きをすることもあり、そのような場合には抱っこをしてあやすか、もしくはそのまま泣かせてしまう以外方法はありません。

べビーベッドで一人で寝る事を憶えたら、夜泣きをすることは減るようです。赤ちゃんによって夜泣きをする頻度は異なります。ぐっする眠れるように昼間に遊ぶ時間を増やしたり、体を動かす事もとても効果的になります。


いつからいつまで続くものなのか?
yonaki

生まれたばかりの赤ちゃんには、昼と夜の差がまだ理解できません。夜になったら眠る、という生活習慣をつける為には体の発育も必要です。夜泣きは生後2ヶ月頃から始まり、1歳過ぎまで続きます。1歳頃になると、体が睡眠のパターンを覚えて、昼と夜の区別もだんだんと分かるようになります。

夜泣きをしない為にも、昼寝の時間を注意することが大切ですね。昼寝をしすぎると、夜なかなか寝付かれない事や、すぐに目を覚まして夜泣きをする原因となります。日中の散歩や運動をすることは、夜の睡眠にもつながりますので、夜泣きを防止する為にも、昼間の間に色々工夫をするとよいでしょう。

育児ではこの夜泣きがとてもママにとっても体の負担ともなります。疲れないように母子ともに多少の昼寝をするとよいでしょう。


夜泣きの対処方法:その1
夜泣きで困った場合にオススメ対処方法があります。それは寝ているところを起こしてしまう方法です。起こされた時に赤ちゃんは様子が分からずに、泣き出してしまう事がほとんどです。そのときに赤ちゃんをリラックスさせ、あやしながら再び寝かせます。

赤ちゃんは、一度起こされてから寝た場合、安心してそのまま朝までぐっすり眠る事が多いようです。お母さんの鼓動や安心するオルゴールの音など、工夫をして寝かしつけましょう。この方法は、大人が寝る前に行うと睡眠時間も丁度良いですね。

昼寝を長くしてしまった場合には、夜に一度起こして、また寝かせてみましょう。夜中に何度も起こされるよりは、楽かもしれませんね。赤ちゃんもとても神経質な場合は、些細な音でも目を覚ましてしまいます。静かに寝る環境を整えてあげましょう。


夜泣きの対処方法:その2
夜泣きを毎日繰り返してしまう場合、昼間の運動が少ないことも考えられます。そんな場合は日中に屋外につれていき、外気に触れさせる事も効果があります。散歩に行く事や体を動かす事など、赤ちゃんも多少の疲労感を感じる事で、夜泣きをしないで朝までぐっすり眠る事が出来るのです。

一緒に遊ぶ事は親子のスキンシップとしてもとても大切です。しかし疲れすぎては、質の良い睡眠をとることも出来ませんから、適度の運動量が必要になるのです。それぞれによって運動量も異なりますが、毎日の生活のリズムを作ることが大切ですね。

そして夜泣きをしなかった場合には、その日にやった事を思い出してみましょう。普段にはやらない事をした為に、夜泣きをしないでぐっすり寝た可能性もありますよ。


夜泣きは親にとってはとても苦痛になることです。毎晩続く時は精神的にも辛くなってしまいます。大変な育児の中でも特に気になるのが夜泣きです。しかし夜泣きをする辛い時期は一生続く訳ではありません。赤ちゃんの体の成長に合わせて、夜泣きも徐々に収まってきますので、それまでの辛抱と思いがんばって育児を続けましょう。

【まとめ】
夜泣きの原因とは
夜泣きはどういうサインなのか
いつからいつまで続くものなのか?
夜泣きの対処方法:その1
夜泣きの対処方法:その2

LINEで送る
Pocket