ママ必見!添い乳の寝かしつけは危険?

soichichi kiken

添い乳は危険があると言われています。しかし夜中におっぱいをあげないといけない場合、眠くてついついそのまま添い寝をしてしまうことがありますよね。

ママにとっては、添い乳をしながら赤ちゃんを寝かしつけるのはとても楽な事なのですが、うとうとついつい寝てしまう事がある為に、気をつけないといけません。

新生児の場合は、おっぱいをあげる頻度も多い為に、添い乳をしてしまうこともあります。リスクのある添い乳はどのようにしたら良いのでしょうか。



ママ必見!添い乳の寝かしつけは危険?


添い乳のメリットとは?
添い乳のメリットは、ママの体がとても楽におっぱいをあげることが出来る点です。腕が腱鞘炎になったりする場合もありますので、横に寝たままで出来る添い乳は、ママにとってはメリットが沢山あります。

夜中におきておっぱいをあげることは心身ともに疲れるものです。寝た状態で出来ることはとても楽ですし、赤ちゃんを抱きかかえる事もない為に、そのままスヤスヤ赤ちゃんも寝る事が出来るのです。新生児の場合は、首がまだすわっていない為に、寝かしたままの方がおっぱいをあげやすいこともあります。

添い乳をするときには、赤ちゃんの頭の下にタオルなどを敷いて、おっぱいと同じ高さにします。お互いが向かい合わせになるように、横を向いておっぱいをあげることが出来ます。


添い乳のデメリットとは?
添い乳にはリスクがあります。そのデメリットとは、ママが添い乳の最中にうとうと寝てしまい、寝ている間に赤ちゃんをつぶしてしまう事です。特に新生児の場合は、泣き声も小さいために、ママの体につぶされて泣き声も聴こえない事があるのです。

このような添い乳中の事故は沢山あります。ママの体は楽なのですが、危険がある事も理解する事が必要ですね。なかなか寝ない赤ちゃんを、寝かしつける事も同時に進行できますので、とても楽な方法なのです。

しかし添い乳は、赤ちゃんが中耳炎になる場合もありますし、ゲップが出ない場合もあります。そして横を向いたままおっぱいを飲むと、吐いてしまう赤ちゃんもいますので、添い乳を控えたほうが良い場合もあります。

成長の具合によって様子を見ましょう。


添い寝、添い乳の良い方法とは
soichichi kiken
添い乳は、そのまま添い寝をしてしまうこともある為に、まず赤ちゃんの安全性を考えながら行う事が必要です。添い乳は、腕枕で赤ちゃんの頭をママの腕に乗せます。おっぱいの高さと赤ちゃんの頭の高さを同じすると、とてもやりやすいですね。

角度が悪いと赤ちゃんに多いかぶさるようにおっぱいを上げる事になります。そのままママが寝てしまわないように、注意をすることが大切ですね。もしくは自分の腕を曲げでひじの部分に頭を置きます。

その姿勢で赤ちゃんと向かい合わせになりおっぱいをあげましょう。ポイントは、赤ちゃんの体を自分のほうに引き寄せるときに、お尻を引くことで顔が上に向き、おっぱいを飲みやすい姿勢になります。

首が据わっていない時は、誰かに赤ちゃんの首を近づけてもらうとやりやすいです。


添い寝をする時のポイント
添い寝をする時のポイントですが、ベビー布団を使うことでママも赤ちゃんも寒い思いをしなくてすみます。大人の布団では、体の高さも異なりますので、ぴったり体に掛け布団がかからず、寝ている空間ができて寒い事もあります。

そのため、ベビー布団を大人の布団の横に敷いて、そのまま添い寝をする方法がオススメです。親子のスキンシップをとる効果もありますし、抱っこをしている時は体を動かしてしまう事で、目を覚ましやすくなります。

そのままの寝た状態で起こさずに寝かす事が出来ますので、添い寝はママの体にもとても楽な方法なのです。欧米では赤ちゃんをベットで一人で寝かす事が習慣となっています。

安全性を考えると、添い寝にはリスクもありますので、注意をしながら行いましょう。


添い乳はいつまでできるか?
添い乳をやめるタイミングは人それぞれです。卒乳をするまで添い乳をする人もいますし、保育園に通う為に無理やり卒乳する方もいます。その人それぞれの生活パターンもありますので、添い乳はママの都合でやめる人が多いですね。

そして添い乳で心配される虫歯ですが、母乳で虫歯になることは少ない為に、離乳食やジュースなどをあげたときに虫歯の注意をすることが必要です。添い乳が虫歯の原因になることはありませんので、何歳になっても安心して続けることは可能です。

しかし添い乳をしながらそのまま寝かしつける習慣をつけると、一人で眠れなく恐れもありますので、成長とともに自立をさせる準備も必要になります。1歳ぐらいになると、母乳をあげる回数もはじめの頃に比べるとかなり減ってきます。

添い乳をして寝かしつける事は、このようにメリットとデメリットがあります。そのときの状況に合わせて行いましょう。ママの体も育児で腰痛になったり、腱鞘炎になることもあります。

体の負担を減らす事ができるために、添い乳をすることは多いと思います。赤ちゃんも成長することにより、母乳以外の栄養分も必要になってきます。そのタイミングにあわせながら卒乳をして、添い乳を終わらせる事も良い方法ですね。

まとめ

  1. 添い乳のメリットとは?
  2. 添い乳のデメリットとは?
  3. 添い寝、添い乳の良い方法とは
  4. 添い寝をする時のポイント
  5. 添い乳はいつまでできるか?
LINEで送る
Pocket