ママちょうだい!新生児のミルク量と回数の関係

shinseiji mirukuryou
ミルクで我が子を育てるママ、必見です!母乳は赤ちゃんが欲するだけあげても良いのですが、ミルクは消化にも時間がかかるので、量とあげる時間を決めて飲ませてあげなければいけません。

ミルクだけで育てる場合、ミルクと母乳の混合で育てる場合では、赤ちゃんにあげるミルクの量は変わってきますので、十分に把握しておく必要があるのです。

そこで今回は、新生児ミルクの量と回数についてじっくりとお話をしていきます。何事も適量が一番です!いったいどのくらいの量を与えれば良いのでしょうか?


ママちょうだい!新生児のミルク量と回数の関係


新生児にミルクは何回飲ませても大丈夫?
生まれたばかりの赤ちゃんは、まだまだ腸の消化機能も未熟なので、決してミルクを与えすぎてはいけません。いったい1日に何回ミルクを飲ませても良いのでしょうか?

母乳はママの血液から作られる天然のものなので消化も良く、赤ちゃんが欲するだけ与えても問題はありません。1時間おきに授乳される方も多いようですね。

けれどもミルクは人工的に作られたものなので消化が悪いので、出来れば3時間おきの授乳をオススメします。「3時間おきなんて、赤ちゃんはすぐにお腹が空いてしまうのでは?」と心配になってしまう人もいるでしょうが、ミルクは腹持ちが良いので大丈夫です。


新生児の月齢別 ミルク量と回数
それでは、新生児にはどのくらいのミルクあげれば良いのでしょうか?

基本的に生後1週間は、日数×1日10mlに10ml追加してあげることをオススメします。つまり、以下のような計算になります。

生後1日目:10ml+10ml=20ml
生後2日目:20ml+10ml=30ml
生後3日目:30ml+10ml=40ml
生後4日目:40ml+10ml=50ml
生後5日目:50ml+10ml=60ml
生後6日目:60ml+10ml=70ml
生後7日目:70ml+10ml=80ml

赤ちゃんが飲まない場合は、無理にあげる必要はありませんが「もっと飲みたい!」と大泣きしたり機嫌が悪くなった場合でも、ミルクは決められた量だけを与えるようにしてください。

消化能力に合わせて、ミルクの量を調節していくことが大切です。ミルクの量は出来るだけノートに書き記しなどして、ママがきちんと把握できるようにして下さいね。


ミルクと母乳が混合の場合どうする?
母乳の出は人によって、さまざまです。たくさん母乳が出る人もいれば、理由はわからないけれど母乳が全く出ないという人もいます。

本当は母乳で育てたいけれど、それだけでは足りないからミルクを足して育てたいという人もいるでしょう。そこでこちらの項目では、ミルクと母乳の混合で育てる場合はどうすれば良いのかをまとめてみました。ぜひ、チェックして下さいね。

赤ちゃんをミルクと母乳の混合で育てる場合は、まずは母乳を飲みたいだけ与えてあげましょう。おっぱいが張らなくなって母乳が出ていないと思われるときや、授乳後も赤ちゃんがおっぱいを探すようなしぐさをしている時には、ミルクを追加してあげてみましょう。

新生児のうちに追加する量は1日20mlを目安にしてくださいね。もしも赤ちゃんの飲みっぷりが他の子と比べて悪かったり、反対に心配するほどたくさん飲んでいても心配しすぎることはありません。

赤ちゃんの食欲には個人差がありますので深刻に受け止める必要は全くありませんが、極端に体重が増えなかったり、反対に成長曲線を上にはみ出る位の体重になってしまった時は、小児科医に相談してください。


あかちゃんの体重が増えない場合はどうするべきか
shinseiji mirukuryou
まずは赤ちゃんの体重増加について、小児科医の診断を受けた方が良いでしょう。様子を見ていて大丈夫なのか、それとも通院が必要なレベルなのかを把握しておくことが大切です。

自宅で出来ることとしては、夜間授乳が効果的です。もしもおっぱいが出るのなら、夜間授乳をしてたっぷり飲んで、グッスリ寝てもらうという流れを作ることをオススメします。

もちろんミルクを与えても良いのですが、きちんと消化できるように量はきちんと守るようにしていきましょう。新生児の時にはミルクの飲みが悪くて心配したというお子さまでも、幼児期になればモリモリとご飯を食べることもありますので、パパやママが神経質にならないで優しく見守るのも1つの方法です。

育児本通りに子育てが出来るわけがありませんので、心にゆとりを持って楽しく子育てしていきましょうね。

いかがでしたか?以上、新生児のミルクの量と回数の関係についてご紹介いたしました。新生児の子育ては本当に毎日が目まぐるしく、ミルクの他にも考えなければいけないことがたくさんあると思います。

けれどもノートやアプリを利用して、ミルク・ウンチ・おしっこの回数をきちんと把握しておくことをオススメします。育児本通りに子育てが出来なくても、大丈夫!他の子の成長と自分の子供の成長を比較するのではなく、自分の子供の成長や健康に気持ちを集中させて育児を楽しんでいきましょう。

赤ちゃんは言葉を話すことが出来ないので、パパやママが状態をきちんと把握してあげて、守ってあげるようにしましょう。

まとめ
新生児にミルクは何回飲ませても大丈夫?
新生児の月齢別 ミルク量と回数
ミルクと母乳が混合の場合どうする?
あかちゃんの体重が増えない場合はどうするべきか

LINEで送る
Pocket