そんなに飲ませて大丈夫?新生児の母乳間隔とは

shinseiji bonyuukankaku
「赤ちゃんはミルクやおっぱいをたくさん飲んで、たくさん寝ることが仕事なのよ」と出産の入院時に助産師さんから言われたけれど、我が子の飲みっぷりの良さに戸惑いを隠せないママ達も少なくありません。

赤ちゃんが欲しがっているのに、無理やりおっぱいから引き離すわけにもいきませんし、また泣き叫んで手が付けられなくなったときには、ミルクやおっぱいで寝かしつけるのが1番手っ取り早い方法です。

けれども、1時間おきに授乳が続く毎日を送っていたり、1か月検診で我が子の体重が激増していたりすると、果たしてそんなに飲ませて大丈夫なのか?と考えてしまいます。

元気に飲むことは大いに結構だけれども、新生児の母乳の感覚が分からないと戸惑いも増えてしまいますよね?そこで、今回は新生児母乳間隔についてご紹介いたします。


そんなに飲ませて大丈夫?新生児の母乳間隔とは


母乳、ミルクの量や感覚はどのくらいなの?
新米ママの場合、赤ちゃんにどのくらいの母乳やミルクの量をあげれば良いのか分からないという人もいるでしょう。そこで、簡単にまとめてみましたのでご確認ください。

<母乳だけで育てる場合>

  • 生後0~1か月:まだおっぱいを吸う力が弱く、赤ちゃんは1度にたくさんの量を飲めないので、1~2時間おきの授乳をオススメします。1日に12回ほどになっても、気にする必要はありません。
  • 生後2か月:少し時間をあけて、2~3時間おきの授乳でも良いでしょう。ただし、赤ちゃんが欲しがった時は、思う存分あげましょう。
  • 生後3か月:赤ちゃんの満腹中枢が発達してきますので、3~3.5時間おきでも良いでしょう。この頃になると、1日6~8回の授乳回数となって落ち着いてくると思います。

<完全ミルクで育てる場合>

  • 生後0~1か月:ミルクは母乳に比べて消化が悪いので、きちんと量を守ってあげる必要があります。生後2週間は1日に約550ml、生後2~4週間は700~750mlを目安にあげましょう。
  • 生後2か月:1日に840mlを目安にあげていきましょう。だんだんと飲む量が増えてきますね。
  • 生後3か月:900~1200mlがミルク量の目安です。もっと欲しいと言う時も、適量を守りましょう。

母乳のメリットは?市販のミルクとの違いを教えて
shinseiji bonyuukankaku

最近は、完全母乳で子供を育てていきたいというママや、何とかして母乳を出す努力をしているというママも増えてきました。そこで、母乳のメリットについてお話していきますね。

<母乳のメリット>

  • ママが作り出す天然のものである。
  • タンパク質・脂肪・乳糖など、身体を作り上げる魅力的な成分がたくさん含まれている。
  • 身体をアレルギーから守ってくれる、ラクトフェリンや分泌型免疫グロブリンAが豊富に含まれている。
  • お金がかからない。
  • いつでもどこでも、子供に母乳をあげることが出来る。
  • 消化が良い。
  • 初乳には、免疫力をアップさせる成分が含まれている。

市販のミルクは人工的に作られたものなので、母乳に比べて消化が悪くなってしまいます。ミルクで育てることが悪いとは言いません。ただ、母乳育児には大きなメリットがあることは確かです。


母乳が出ない時の対処方法
何とかして母乳を出したいと頑張るママのために、こちらでは母乳が出ない時の対処法をご紹介します。

対処法1. 温かい飲み物をたくさん飲む

母乳は血液から作られるってご存知ですか?ですから、血流を良くすれば自然と母乳の量も増えていくと言うわけです。
そこでオススメするのは、温かい飲み物です。ラズベリーリーフ・タンポポ・フェンネルなどのノンカフェインのお茶を飲んで、身体を心から温めていきましょう。


対処法2. おっぱいマッサージに通う

最近は産婦人科に母乳外来が併設されて、産後のママのおっぱいケアが出来る環境が整ってきました。助産師さんが、自宅まで来ておっぱいマッサージをしてくれるところもあるので、ぜひ探してみて下さい。
おっぱいを正しい方法でマッサージすることによって、血流が良くなり、母乳の出もよくなるという仕組みです。


対処法3. バランスの良い食事を心がける

ママ達が口にした食べ物によって、母乳は作られます。ですから、バランスの良い食事を心がけて、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。血液量を増やすためには、炭水化物やタンパク質をしっかり取ることが大切です。ドロドロ血液にならないように、あっさりとした和食メニューにすることをオススメします。


母乳が出過ぎて困っている!
中には母乳が出過ぎておっぱいが張り、乳腺が詰まってしまう病気である「乳腺炎」を引き起こしてしまう場合もあります。母乳が出るのはありがたいことですが、出過ぎてしまう人なりの悩みがあるのです。

母乳が出過ぎて困ってしまう人は、とにかく安静にすることが1番です。活発に動くと血流が良くなるので、出来るだけ運動は控えましょう。

また胸が張って痛いからと言って、無理に絞って出してしまうのはNGです。絞るほどに新しい母乳が出てしまうので、絞らずに患部を冷やすようにしましょう。

いかがでしたか?以上、新生児の母乳やミルクの感覚と、母乳にまつわる色んなお話をさせて頂きました。赤ちゃんの頃は満腹中枢が発達していないので、本能で飲み進めてしまいますが、だんだんと飲む量も落ち着いてくるでしょう。ですから、深く心配しすぎなくても大丈夫ですよ!

まとめ
母乳、ミルクの量や感覚はどのくらいなの?
母乳のメリットは?市販のミルクとの違いを教えて
母乳が出ない時の対処方法
母乳が出過ぎて困っている!

LINEで送る
Pocket