産後のひどい生理痛の対処方法

sango seiritsuu
「出産すると、生理が軽くなるって聞いたけれど本当?」「出産後に生理の時の出血が増えた気がするけど、これって気のせい?」このように、妊娠前には生理痛があまりなかったのに、出産を機に生理痛がひどくなってしまった女性も少なくありません。

子育てで毎日忙しい日々が続くのに、産後の生理もひどくなっては正直つらいですよね?そこで今回は、産後のひどい生理痛の対処法についてご紹介いたします。

産後の体や生理痛の対処法など、あらゆる角度からお話していきますね。プレママ、産後ママ一緒に確認していきましょう。


産後のひどい生理痛の対処方法


知っておこう!産後の体について
産後の身体には、驚くほどの変化が起きます。赤ちゃんが中に入っていたことで膨らんだ子宮は、赤ちゃんが外の世界に出ると共に強く収縮をして、その後もゆっくりと収縮を繰り返して妊娠前の大きさに戻って行こうとします。

出産後約半年~1年を目途に子宮の状態が回復していくと、また生理が起こるというわけです。妊娠前は生理痛がひどくて起き上がれないほどだったという人も、出産後の生理は驚くほど軽くなったという人もいますし、その反対もいます。

産後の生理の症状については個人差がありますので、十分に自分の身体と向き合うようにしていきましょう


生理痛はなぜ起こるの?
毎月訪れる生理痛、どうして女性だけこんなに辛い思いをしなければいけないのだと思った女性もいるでしょう。生理だけでもウンザリなのに、それに痛みが加わったら更にウンザリしてしまいますよね。

それでは、どうして生理痛が起こるのでしょうか?生理による痛みには、プロスタグランジンという物質が急激に増えたことで引き起こされます。プロスタグランジンは子宮の収縮を促すことによって、生理による出血を体外に押し出す働きを担っています。

この物質の量が多すぎると、収縮が激しくなって生理痛を引き起こしてしまうのです。これによって、生理痛、腰痛、頭痛、吐き気などの他の症状も引き起こすことになってしまうのです。

生理の時の痛みに個人差があるのは、分泌されるプロスタグランジンの量に違いがあるからだと思われます。ちなみに、プロスタグランジンは陣痛の痛みを引き起こす物質でもあるのです。

参考までに、頭の中に入れておきましょう!


生理痛の対処法が知りたい
sango seiritsuu
生理痛がひどくても子供がいない場合は、ベッドに横になって休んだり、薬を飲んで痛みを和らげることが出来ます。けれども子供が生まれてしまうと、自分の身体のことよりも子供のことを第一に考えなければいけないので、自分の生理痛に構っている暇は無くなるでしょう。

そこで今回は、簡単に出来る生理痛の対処法をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

<生理痛の対処法>

①ゆっくりと入浴しよう

生理中の腰やお腹の痛みにウンザリしている人もいるでしょう。そこで、オススメしたいのが「ゆっくりとお湯に浸かること」です。生理中は出血を気にして、シャワーだけにするという人も多いですが、水圧によって血液が流れだすことはありませんのでご安心下さい。
心配な時はタンポンをして入浴したり、タオルを当てて入りましょう。


②お腹や腰回りを温めよう

お腹や腰回りを温めるのも、生理痛には非常に効果的です。なぜなら身体が冷えてしまうと、生理痛もひどくなってしまうからです。特に夏の暑い季節は冷房をガンガンにかける人も多いので、どうしても体温が低下して冷えを招いてしまいます。お腹や腰回りを温めることで、身体の冷えが取れて生理痛も和らげることが出来るでしょう。


③温かい飲み物を飲もう

身体の中が冷えていては、生理痛はどんどんひどくなってしまうばかりです。そこで、普段から冷たい飲み物はあまり飲まないようにして、出来るだけ温かい飲み物を摂取するようにしましょう。
温かい飲み物でも、ホットコーヒーや紅茶などのカフェインが大量に含まれている飲み物よりも、温かい麦茶や白湯など、ノンカフェインの飲み物を積極的に飲むようにして下さい。


チェック!薬を使う場合の注意点など
生理痛をどうにかしたい時には、鎮痛剤を摂取することをオススメします。ただし、鎮痛剤を使用する時には2つの注意点があるので気を付けましょう。

注意点1. 授乳中は薬の成分に気を付けて
妊娠中はもちろん、授乳中も薬の成分には十分に気を付ける必要があります。市販の鎮痛剤の成分が不安な時は、病院を受診して医師の判断に従った薬を使うことをオススメいたします。

注意点2. 使用量に気を付けて
鎮痛剤を使い続けると、あまり効果が感じられなくなってしまいます。そこで、生理痛の時でも薬に頼りすぎることなく、出来る限りの対処法を試して痛みを軽減する努力をしていきましょう。

いかがでしょうか?今回は、産後の生理についてご紹介しました。妊娠前よりも症状が軽くなった人もいれば、症状が重くなって悩んでいる女性もいると思います。

産後の生理に関しては個人差があるので、自分の身体の変化をきちんと把握しておくようにしましょう。どうしても産後の生理がつらい場合は、婦人科へ行って専門医からお薬を処方してもらうことをオススメします。

まとめ
知っておこう!産後の体について
生理痛はなぜ起こるの?
生理痛の対処法が知りたい
チェック!薬を使う場合の注意点など

LINEで送る
Pocket