完全母乳のママ必見!搾乳機のおすすめテクニック

sakunyuuki
完全母乳で赤ちゃんを育てているママに、日々の悩みを聞くと「授乳があるから、どこにも出かけられない」「完全母乳の場合、お出かけするにはどうしたら良いの?」という声が聞こえてきます。そのような場合にママを助けてくれるのが、搾乳機です。

自分でおっぱいを搾ることもできますが、必要量を搾るのに時間がかかったり、搾る時に痛みを生じたりとうまく行かないことがたくさんありますよね。

けれども、搾乳機ならもっと簡単に母乳を搾ることが出来るのです!そこで今回は、完全母乳のママ必見、搾乳機のおすすめテクニックをご紹介いたします。知っておいて絶対に損はしない情報です。一緒に確認していきましょう。


完全母乳のママ必見!搾乳機のおすすめテクニック


搾乳機のメリットとデメリットを知っておこう
それでは、搾乳機を使うメリットとデメリットをご紹介いたします。まだ搾乳機を使用したことがないママや、使用するか考え中というママはチェックして下さいね。

<搾乳機のメリット>
・おっぱいが張りやすい人は、搾乳機を使うことでしっかり搾ることが出来る。
・一気にたくさんの母乳を搾ることが出来る。搾る時間が短縮できる。
・完全母乳で育てたいけど、赤ちゃんが直接飲んでくれない時に、便利なアイテム。
・搾るときに、手を汚さなくて済む。
・搾った母乳の量が一目で分かるので、赤ちゃんがどのくらい飲んだのかを把握できる。

<搾乳機のデメリット>
・毎回、洗浄と消毒をしなければいけないのが面倒。
・搾乳機代がかかる。
・搾乳機に頼りすぎていると、母乳の出が悪くなる。
・搾乳機を使うと、痛い時がある。

搾乳機を使用する時には、上記のメリットとデメリットをしっかりと把握して購入を検討されてはいかがでしょうか。


電動と手動はどっちがいいの?
搾乳機には電動タイプと手動タイプがあります。搾乳機を使う頻度が多い人は、機械が自動で、母乳を搾ってくれる電動タイプが良いでしょう。搾乳の時間が短縮できるので、働きながら子育てをしているママには最適です。

洗浄や消毒に時間がかかると言っても、哺乳瓶を洗うのと同じ位の手間なので、心配しすぎることはありません。

ただ電動タイプの搾乳機は、自分で力を加減することが出来ないので、中には痛みを感じる人もいます。もし胸の張りが激しくて、搾る時に痛みを感じてしまうのなら、自分で力加減を調節しながら搾乳出来る手動タイプがオススメです。

ただし、自動タイプの搾乳機の方が手動タイプよりも搾乳量が多いので、ママがお出かけをする時や、子供を保育園に預ける時などに重宝するでしょう。

ですから、搾乳機はシーンによって使い分けることをオススメします。


搾乳機で搾った母乳の保存方法が知りたい!
搾乳機で搾った母乳は、基本的に30分以内に赤ちゃんに与えなければ、冷蔵か冷凍をして適切な環境下で管理しましょう。

・冷蔵の場合
哺乳瓶や専用の母乳パックに母乳を入れて、冷蔵庫に保管した場合の保存期間は、約1日と考えておきましょう。次の日まで取っておくのは、念のため控えることをオススメします。

また冷蔵した母乳を赤ちゃんに飲ませる場合は、湯煎をしてひと肌程度に温めてからあげるようにしましょう。

・冷凍の場合
専用の母乳ボトルやパックに母乳を入れて凍らせる場合は、膨張することを予想して、容器の3分の2で留めておくことにしましょう。

また忘れずに、搾乳した日付を書いておくことをオススメします。冷凍したからと言ってずっと保存できるわけではなく、大体の目安は3~4か月です。

日付を書いておけば、間違って古い母乳をあげることはありません。また、冷凍保存する時は、温度にも気を遣うようにしましょう。

冷凍庫の開け閉めのたびに温度が上がり下がりするドアポケットは避けて、温度が比較的安定している冷凍庫の奥の方へ保存するようにして下さい。


母乳の味が美味しくなる解凍方法を教えて
sakunyuuki

専用のボトルやパックに詰めた母乳は、決して電子レンジで温めたり、直接火にかけることのないようにしましょう。母乳の味が美味しいまま解凍できる方法は、ぬるめのお湯や流水でゆっくりと解凍していく方法です。50度以上の熱めのお湯では、絶対に解凍しないようにしましょう。

一旦解凍した母乳は、8~10時間以内に赤ちゃんにあげるようにして、飲まなかった場合は破棄するようにして下さい。
正しい解凍方法をママがきちんと理解しておくことで、赤ちゃんは毎日美味しい母乳を飲むことができるのです。しっかり覚えておきましょうね!

今回は、母乳育児奮闘中のママにオススメの便利アイテム「搾乳機」についてお話いたしました。いかがでしたか?もちろん自分の手で母乳を搾ることもできますが、搾乳機を使えばもっと簡単に十分な量の母乳を搾ることが出来ます。

最近は性能の良い搾乳機がたくさん販売されているので、興味のある方はぜひリサーチしてみて下さい。シーンに合わせて搾乳機を使っていくことで、毎日の育児がもっとスムーズになるはずです。

まとめ
搾乳機のメリットとデメリットを知っておこう
電動と手動はどっちがいいの?
搾乳機で搾った母乳の保存方法が知りたい!
母乳の味が美味しくなる解凍方法を教えて

LINEで送る
Pocket