乳児湿疹の5つの種類と対処法

nyuuji shisshin
赤ちゃんの肌はとても敏感で、少しの刺激でも赤くなったり、ブツブツとした湿疹が生じてしまいます。雑誌やオムツのCMに出演している赤ちゃんは、ツルツルと潤いのある肌をしているのに、どうしてうちの子の肌は湿疹だらけなのだとナーバスになってしまうママも少なくありません。

特に夏は汗をかきやすいので、新陳代謝の良い赤ちゃんは湿疹ができやすい季節になってしまうのです。そこで今回は、赤ちゃんの肌に生じやすい乳児湿疹の5つの種類をご紹介しながら、その原因と対処法をまとめていきます。


続きはこちら » »

産後のぽっこりお腹がスッキリする方法とは?

sango onaka
「お腹の赤ちゃんの為に、いっぱい食べなくちゃ!」「栄養は2人分取った方がいいわよね」と妊娠中は全く体重を気にせずに食べまくっていたという女性も少なくありません。

妊娠中ってどう頑張ってもお腹が前に出てきますし、ダイエットなんて考えなくなってしまうのは当たり前です。多くの女性が出産すれば体重が減り、ぽっこりお腹も解消されると思っていますが、決してそんなことはありません。子供の体重分は減ったけど、ついお肉が全然減らないと嘆く方も多いのです。

そこで今回は、産後お腹をスッキリさせて、よりシルエットを美しくする方法をご紹介いたします。


続きはこちら » »

目を離さないで!正しい赤ちゃんのお風呂の入れ方

akachan ofuro
赤ちゃんの健康維持のためには、毎日のお風呂が欠かせません。生まれてすぐは沐浴という形で、大きめのたらいや新生児用の浴槽で身体を洗っていたという赤ちゃんも、生後1か月検診が無事に終わると大人と一緒の浴槽でお風呂に入ることになります。

でも、とても小さい赤ちゃんをお風呂に入れるのは一苦労ではありませんか?どのようにして身体を洗えばよいのか分からない、入浴の段取りが掴めないという人も多いでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんをお風呂に入れる時のコツやオススメのケア方法についてご紹介いたします。

一緒に確認していきましょう!


続きはこちら » »

これでわかる!産後の悪露の終末

sango oro
産後、多くママ達がびっくりするのが「悪露(おろ)」です。出産時の出血はあまり驚かないけれど、出産後にダラダラと続く出血に不安なる人も少なくありません。でも、なかなか他の人に悪露について聞くことはできませんよね。そこで今回は、産後の悪露につい徹底的に解説していきます。

出産後は子育てに奮闘して、自分の身体のことについて考える時間が無くなってしまうと思いますので事前に確認しておくようにしましょう。それでは、早速ご紹介していきますね。


続きはこちら » »

ママちょうだい!新生児のミルク量と回数の関係

shinseiji mirukuryou
ミルクで我が子を育てるママ、必見です!母乳は赤ちゃんが欲するだけあげても良いのですが、ミルクは消化にも時間がかかるので、量とあげる時間を決めて飲ませてあげなければいけません。

ミルクだけで育てる場合、ミルクと母乳の混合で育てる場合では、赤ちゃんにあげるミルクの量は変わってきますので、十分に把握しておく必要があるのです。

そこで今回は、新生児ミルクの量と回数についてじっくりとお話をしていきます。何事も適量が一番です!いったいどのくらいの量を与えれば良いのでしょうか?


続きはこちら » »