赤ちゃんがぐっすり!リラックスする寝かしつけ音楽

ongaku
ママのお腹にいた赤ちゃん。光の無い、真っ暗な世界でも、安心してリラックスしてスクスク元気に成長してくれたのは、もちろんママからの愛情と栄養をたっぷり受け取ってきたから。誕生した赤ちゃんは、ママの声に反応をしてくれますよね。それはなぜなのでしょう。今日は、赤ちゃんと音、音の世界から観る寝かし付け音楽についてご紹介をしていきます。


 赤ちゃんがぐっすり!リラックスする寝かしつけ音楽


お腹にいた時から声や音は聞こえている
ママのお腹にいる胎児は、妊娠5ヶ月頃には聴力が備わって来ます。胎児が最も耳にしている音は、ママの鼓動と血流音なのです。シューシューと、何度も繰り返される音を耳にしながら、ママの優しい語りかけの声に安心を覚えます。

ママの声は、一心同体な身体を介してクリアに鮮明に胎児に聞こえています。ですから、誕生後の赤ちゃんはママの声に反応を示し、安心し、泣き止んだり微笑んだりしてくれるのですね。


赤ちゃんは好きな音とは生活音?
お腹にいた頃に聞いていたママの鼓動や血流音に似た、同じ音の繰り返しが赤ちゃんは好きなようです。例えば、川の流れる、せせらぎの音や木々が風で揺られて鳴らす葉っぱの音などヒーリングミュージックと呼ばれる音も、赤ちゃんがリラックスできる音の一つです。

ヒーリングミュージックと言えば、大人が聴いてもリラックス効果がありますよね。赤ちゃんと大人って、似ているものなんですね。また、心音や掃除機の音、換気扇の音と言った生活音も赤ちゃんは好きなんです。

面白いですよね、掃除機の音?うるさいと感じないのかしらと不思議に思いますが、どうやらママの鼓動や子宮内で聞いていた音に似ているという説が。赤ちゃんの泣き止みアイテムとして、最近では動画や市販のオルゴールでもヒーリングミュージックや赤ちゃんの好きな音、音楽が手軽に聴かせられるので、ぜひ活用をしてみて下さいね。


なんと言ってもやはりママの声!ママの歌声は最強!
ongaku2

赤ちゃんの好む音について前述しましたが、やはり最強な音、音楽はママの声や歌声です。胎教として、お腹にいた頃から歌い聴かせていた歌があるならば、それは赤ちゃんにとって最高の安らぎ歌になっているはず。

聞き慣れたママの声は、安らぎを感じるリラックスアイテムなんですね。ママの優しい声で、泣き止ませや寝かし付けにぜひ歌ってみて下さい。オルゴールに収録されている歌を、ママが歌うのも効果的ですよ。優しく語り掛けるママの声には温もりと安心感がある事を、赤ちゃんはちゃんと理解して感じてくれているのです。


寝かし付けにはどんな歌がお勧め?
さて、寝かし付けにはどんな歌が良いのでしょうか。大切なのは、赤ちゃんがリラックスをして安心して眠りの世界へ入り込む事です。あなたが子供の頃、どんな歌を親に歌って貰いましたか?ちょっと思い出してみましょう。子守唄を歌って貰ったって方も多いのでは?昔から伝えられて来た子守唄。

子守唄のように、寝かし付けには単調なリズムの繰り返しな曲調がお勧めです。ポピュラーで人気なのは、「ゆりかごの歌」「星に願いを」です。オルゴールや寝かし付け音楽のCDにも数多く収録されている定番寝かし付け曲ですね。

オルゴールの音色やピアノの音、クラシック調な音は、赤ちゃんもリラックスをして眠りの世界へ入りやすいようです。ディズニーミュージックやジブリミュージックなど、様々なオルゴールやCDが販売されていますので、赤ちゃんが好きなとっておきの寝かし付け音楽を探してみて下さいね。


寝かし付けにはまず、リズム作りと儀式の構築を
寝かし付け音楽について見て来ましたが、他の寝かし付け法にはどんな方法があるのでしょうか。夜、なかなか眠ってくれない。寝付いてもすぐに起きちゃうとお困りのママもいらっしゃるでしょう。寝かし付け法を見てみる前にまず、寝かし付けで大切なのは規則正しい睡眠リズムを作る事です。

出来る限り、毎日定刻に寝かせ定刻に起こして朝と夜の睡眠リズムをしっかりと構築していく事です。次第に、赤ちゃんはそろそろねんねの時間かなとリズムを感じるようになります。夜は21時までに寝かせ、朝は7時には起こしましょう。

成長ホルモンの分泌とバランスが取れる理想の睡眠リズムになります。次に、寝かし付けの儀式を作る事です。お風呂に入って体が温まったらそろそろねんね、絵本を読み聞かせたらねんね、ベビーマッサージをしたらねんねなど、ねんね前にどう過ごすのかを決めて、それをするとねんねだよと理解させて行く事です。入浴時間や寝室へ連れて行く時間も定刻にすると、より効果的ですよ。


寝かし付けにはどんな方法があるの?
寝かし付け法にはどのような方法があるのでしょうか。他のご家庭の寝かし付け方法、気になりますよね。睡眠リズムや眠りの儀式を作っていくと、それだけで随分効果が見えてくると思います。

そこへ寝かし付け法を加える事で、さらにスムーズな寝かし付けが実現しやすいですよ。月齢がまだ小さく、授乳が必要な赤ちゃんには、やはりおっぱいは最高の寝かし付けアイテムですよね。おっぱいに勝るものは無いと言って良い程でしょう。しかし、次第に成長していくといつまでもおっぱいという訳に行きません。

背中をトントンする、ママが添い寝して寝たふりをし寝息を聞かせる、耳の裏を優しくそっと眠るまでマッサージする、ふくらはぎを眠るまでさする、抱っこしながらユラユラと揺らして寝かせる。赤ちゃんを布団に置いた瞬間に起きちゃったという経験、ありませんか?赤ちゃんには背中に何かセンサーがあるのではと本気で疑いたくなるほどですよね。

着地を失敗する恐れがある場合は、抱っこでの寝かし付けは大変なので最初から布団に仰向けかうつ伏せで寝かせ、オルゴールや歌を聴かせながらトントンする寝かし付けを習慣付けてみて下さい。赤ちゃんも慣れて来ると、寝室を真っ暗にした途端に自らうつ伏せになってくれますよ。ママが習慣化しやすい寝かし付け法が良いです。

抱っこは辛い、重いと思っているならば、寝かし付け法を見直す事です。長く続けられる方法を早めに実践するのが、寝かし付け法確立のカギとなりますよ。


赤ちゃんと音楽の関係から寝かし付け法まで見て来ましたが、いかがでしたでしょうか。ママの声や聴き慣れた心地よいメロディーは、赤ちゃんにとってリラックスできる安心のアイテムです。

泣いている時や寝かし付けたい時だけではなく、日頃からコミュニケーションの一つとして音楽の世界を楽しませてあげましょう。ちなみに、泣き止ませたい時に効果的だと人気があるのはこちら、
「ふかふかかふかのうた」

「ほーら泣きやんだ」


CDやオルゴールをうまく活用しながら、それありきにならずママの声で優しく包んであげて下さいね。あなたの赤ちゃんが独り占めできるのは、優しいママの声なんですから。

まとめ

  1. お腹にいた時から声や音は聞こえている
  2. 赤ちゃんは好きな音とは~ヒーリングミュージック&生活音~
  3. なんと言ってもやはりママの声!ママの歌声は最強!
  4. 寝かし付けにはどんな歌がお勧め?
  5. 寝かし付けにはまず、リズム作りと儀式の構築を
  6. 寝かし付けにはどんな方法があるの?

 

 

LINEで送る
Pocket