しなきゃ損!出産一時金の手続きについて

ichijikin
出産にはお金がかかりますよね。病気ではありませんから、基本的には負担金は全額になります。帝王切開などの手術やなにか妊娠によってでた症状の治療には、自己負担金は人によって違いますが2割を収めることになると思います。

気になる出産のお金ですが、大変な出産をした後、高額な請求に辛い思いをしなくていいように、出産一時金はどんな妊婦さんにも支給されます。では、出産一時金などお金の手続きに関することをみていきましょう。


しなきゃ損!出産一時金の手続きについて


出産一時金について
出産一時金はとにかくどの妊婦さんにも支給されます。金額は39万円か42万円かに分かれますが、産科医療補償制度の対象となる病院で出産すれば、加入している健康保険から42万円が支給されます。

この出産一時金で足りるのかというのは気になるところですよね。人気の待遇のいい産科などでは足りないことが多いようです。出産後の豪勢な食事や、個室にするかなどで金額はかなり差がでてきます。それに比べ、県立などの救急もやっている総合病院での出産は出産一時金でまかなえるようです。ただし、4人部屋、食事は病院食という感じでしょうか。

でも、出産時にどのくらいかかるのか最初の妊娠判定の時に気にしている妊婦さんは少ないと思います。まずは、家から通いやすく相談しやすい病院であること、信頼できるお医者さんがいるかなどが優先の上位にくることが多いです。県立などの総合病院では、ハイリスクの患者さん受け入れの為、紹介状が必要であったり、特別なことがない限り出産予約が取れないなんてこともあります。

お金で病院を選ぶことはとても難しいですが、出産一時金の額を超えてどのくらい必要かは一度病院で確認した方がいいかもしれませんね。


出産一時金の手続き
出産一時金は加入している健康保険から支給されます。加入している健康保険?と気になる妊婦さんは多いのではないでしょうか。出産によって退職していたりすると、慌ただしく扶養の手続きをしたりと、健康保険を加入し直しているからです。

退職前に加入していた健康保険でも、1年以上の加入と辞めてから6ヶ月以内であれば、支払いしてくれるところが多いようです。ただ、これは加入先の健康保険によって違いますので、確認が必要です。そのうち、赤ちゃんの健康保険も必要になってきますから、新しく加入し直しているなら、加入先の健康保険に請求する方があちこちに確認するよりは手間が省けるかもしれませんね。

手続き方法ですが、病院で出産であれば、病院で申請書を書くだけで自動的に支払いがされます。とても簡単な手続きですし、出産間近の検診で書類など病院から渡されますので、請求し忘れるなんてことはないと思います。

そして、足りない出産費用は病院から追加で請求されますし、余った一時金は給与の支払われる口座へ後ほど振り込まれます。


出産に関するその他のお金
ichijikin2

その他、生活のお金では、産休中のお給料をいくらか負担してくれる出産手当金や、育休中には育児休業給付金など、働いているママには保証制度がいくつかあります。

では、その他の出産にありがちなトラブルによる意外な出費はどうでしょうか。出産が思いがけずに帝王切開であれば、手術費用もかかり、入院日数も長くなります。早めの出産でまだ子供が未熟であれば、保育器に入ることで赤ちゃんにも医療費がかかることもあります。


帝王切開になる場合について
予定帝王切開のママには高額医療費の手続きを前もってされることをおすすめします。一月にかかる医療費が限度を超えた場合はその分が戻ってくるか、初めから免除されます。医療費の限度は、給与や年齢に応じて様々な区分がありますから、確認が必要です。

それでも、出産一時金を超える限度額はありません。ただ、月をまたいで出産や入院になってしまった場合は、2ヶ月分の限度額が負担になりますので、意外な落とし穴かもしれません。限度額の計算方法が日数になれば、いいのにと思います。


地域によって申請が違う場合
赤ちゃんには、基本的に医療費は負担してくるところが多いですが、お住まいの地域で産まずに里帰り出産だった場合などは、立て替え払いで請求後の翌々月に振り込みというところも多くあります。そんな時に、乳幼児医療費助成がお住まいの地域でどういった申請になるのか、他府県での医療費はどうなるのか前もって調べておく必要があります。

すでに手続きが完了していれば、建て替え払いの必要がなくなり、とても楽になりますよね。いずれ戻ってくるとはいえ、まとまったお金を用意するのはなかなか大変です。準備さえしていれば、ほんのちょっとの手間で立て替え払いしなくていいなら、使いたい制度です。


医療保険もチェック!
最後に保険のことですが、もし入っているならば、せっかくなので請求できるといいですね。帝王切開で入院日数があれば保険が当てにできるかもしれません。婦人に特有なオプションをつけている場合は、妊娠高血圧症などの項目で、請求金額に追加して少し多めに請求できる可能性があります。保険こそ、自分で申告しなければ請求すらできませんので、自分で確認することが大事です。

病院での出産であれば、健康保険のことなどよくわからなくても、出産一時金や高額医療費などは病院で教えてくれることが多いようです。あまり心配せず、安心して出産することが、ママにとっても赤ちゃんにとっても一番だと思います。

 本日のまとめ

出産一時金について
出産一時金の手続き
出産に関するその他のお金
帝王切開になる場合について
地域によって申請が違う場合
医療保険もチェック!

LINEで送る
Pocket