赤ちゃんの鼻づまりを一気に解消する5つの方法

hanadumari
赤ちゃんの鼻づまりは呼吸が苦しそうで、見ているととても辛いですよね。大人でも、鼻づまりは睡眠不足の原因になるほどとても迷惑なものです。赤ちゃんの場合は自分で鼻をかむ事も出来ませんから、解消してあげることが必要なのです。気になる赤ちゃんの鼻づまりを、一気に解消できる5つの方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。鼻づまりは一年中赤ちゃんにはつきものです。早く楽になるように対処してあげたいですね。


赤ちゃんの鼻づまりを一気に解消する5つの方法


 

鼻つまりを解消する理由
赤ちゃんの鼻づまりはその症状により対処が必要になる場合があります。しかし元気で機嫌が良い、ミルクも十分に飲めるようであればそれほど心配をすることはありません。しかし鼻づまりが悪化してしまうと、中耳炎になる恐れもありますし、呼吸ができないために睡眠不足になったり、食欲が減ってしまう原因にもなります。

鼻づまりが気になるようになったら、早めに解消してあげましょう。中耳炎になると痛みを伴いますが、中には痛みを感じない滲出性中耳炎もあります。このような場合には耳鼻科を受診して、鼻水を吸引してもらう処置が必要になりますし、お薬を処方される事もあります。ひどくなる前にまずは自分で出来る解消法を試してみましょう。鼻水は風邪の症状の場合もあるため、発熱や食欲なども合わせてチェックすると良いでしょう。


鼻水吸い器を使う
赤ちゃんが呼吸がをするのが辛いほど鼻水があるときは、一番効果的な鼻水吸い器を使うことをオススメします。スポイトのようなもので、中の鼻水を吸い上げる方法です。先端部分を無理やり鼻の中に押し込まず、そっと傷をつけないように優しく差し込みましょう。

吸い上げる時にも急におもいっきり行うと、鼻の粘膜を傷つける原因となりますので、注意をしながら行ってください。鼻水吸い器も使いすぎると鼻に刺激となってしまいますので、鼻水がどうしても止まらない時には、耳鼻科で受診する事も大切です。鼻水がでる事は良くありますが、一時的なものなどは心配する事はありません。

しかし長引く鼻水に関しては病気の疑いもありますので、早めに医療機関で見てもらうことをオススメします。


くしゃみをさせる
kusyami
赤ちゃんの鼻つまりは、鼻水などがたまっていることが考えられます。一気に解消する為にはこよりを使って鼻の中を刺激し、くしゃみをさせる事が簡単な方法です。ティッシュペーパーで軟らかいこよりを作りましょう。

鼻の奥までいれないように注意をしながら行います。くしゃみをすることで鼻の中に詰まった鼻水や鼻くそが一緒に出てきますので、簡単にこの方法で鼻づまりが解消できる事もあります。こよりで鼻の中を刺激する時は、あまり強くやらず、優しく行ってください。

赤ちゃんの鼻の粘膜はとても繊細です。傷つきやすいために無理をしたり、硬いもので鼻の中を刺激するのは避けましょう。病気が原因の場合には、薬を処方される事もありますので、なかなか改善しない場合には医療機関に行く事をオススメします


部屋の加湿
鼻づまりは大人でもとても辛い症状です。赤ちゃんは肌も敏感な為、大人が使うようなメンソール配合の塗り薬なども使うのは心配です。特に鼻がつまりやすいのは、空気が乾燥する冬の時期が多いようです。この期間は加湿をすることで、赤ちゃんの肌の乾燥も防ぐ事も出来ますし、鼻つまりを予防する事も出来ます。

加湿器がない場合は鍋にお湯を入れて蒸気を出しましょう。赤ちゃんが寝ている部屋は特に空気の乾燥には注意してください、冬は風が流行するシーズンでもありますし、 湿度を調節する事でウイルス性の風邪も予防する事が出来ます。赤ちゃんや小さな子供がいる家庭には、加湿器が一つあるととても便利です。

夜も寝ている間の空気の乾燥を防ぐ事が出来ますから。鼻づまりで寝苦しい赤ちゃんには効果的ですね。


お風呂に入れる
赤ちゃんの鼻づまりを解消する為には、お風呂に入れることが効果的です。お風呂の蒸気により鼻がとおりやすくなり、呼吸も楽になります。鼻の中に詰まった鼻水もでやすくなりますので、解消しやすい方法です。赤ちゃんは2歳ぐらいになると、自分で鼻をかむ事が出来るようになりますが、それまでは必ず注意をして鼻つまりを解消しないといけません。

鼻水はそのままにしておくと鼻の下がかぶれる原因になりますし、紙で擦りすぎても同様です。繰り返し鼻を拭く時は、濡れたガーゼでそっとおこなうと良いでしょう。鼻水で鼻がかぶれてしまった時は、ベビーオイルで肌のケアをしてください。辛い鼻つまりは、ミルクを飲むことにも影響が出てしまいます。元気でいるためにも鼻つまりは早めに改善する事が必要です。


赤ちゃんの鼻づまりには原因も色々考えられます。簡単な方法で改善しない場合や、症状が長引く場合には医療機関で受診してもらう事をオススメします。赤ちゃんの鼻づまりはアレルギー性の場合もありますし、風邪の症状である事もあります。健康に影響する場合が多いので、早めの処置が必要になります。特に風邪が流行する季節は、毎日の生活にも注意をすることが大切になりますね。

【まとめ】

○鼻づまりを解消する理由
○鼻水吸い器を使う
○くしゃみをさせる
○部屋の加湿
○お風呂に入れる

LINEで送る
Pocket