新生児でよくミルク吐くお子様をお持ちの方へ

hakku
可愛い我が子の育児。命の大切さと愛しさで、必死に一生懸命に育児をする日々。我が子への愛情が深いからこそ、育児の悩みや気がかりはありますよね。特に、体も小さくてか弱くて、免疫力もまだこれからな新生児期は、何かと不安や心配事も付き物でしょう。

その中でも、毎日のミルクや母乳、うちの子はなぜ吐くのかしらと心配なママも多いのでは?毎日の事となると、尚更心配になる事でしょう。そこで、新生児はなぜ吐くのか、吐いた時の対応や対策などについて一緒に見て行きましょう。


新生児でよくミルク吐くお子様をお持ちの方へ


ミルクを吐く原因は?

飲ませる量に気を付けて
赤ちゃんが、飲ませたミルクを吐く原因とは、一体何なのでしょう。まず、飲ませる量に着目をしてみて下さい。生まれたての赤ちゃんは、自分で飲む量を調整する事ができません。

お腹がいっぱいに満たされていても、ミルクが大好きなのでつい飲み過ぎてしまう事があります。その為、飲んだはずのミルクを吐いてしまう事があるのです。例えば、赤ちゃんがミルクを飲んだ後に、口からタラっと出す事がありませんか?それは、もしかすると飲ませる量が多いのかもしれません。

そこで、ママはミルクの飲ませる量と頻度について、気を付けてみて下さい。前回の授乳から、時間はどれだけ経過しているか。頻回になりすぎていないか。様子を見ながら、ミルク缶にも記載されている標準量を少し減らしてみるなど、調整をしてみましょう。


ミルクを吐く原因は?
赤ちゃんの胃は、トックリ型をしている赤ちゃんの胃の形、ご存知でしたか?実は、大人と違ってトックリ型をしているんです。内臓がまだ未発達で、大人と異なる形の胃。

そして、胃の入り口の筋肉も未発達の為、締りが悪くゲップなど刺激を受けた時や、少し揺らしただけで吐き戻したりするのです。それでは、ゲップはさせないべき?いいえ、ゲップはきちんとさせてあげましょう。赤ちゃんがミルクを飲む時は、空気が一緒に体内へ入りやすいのです。

一緒に入った空気は、ミルクより胃の奥に進みます。ゲップをきちんとさせると、空気が体内から出てミルクが腸の方に移動します。そうする事で、ミルクが吐きにくくなります。ゲップが不十分だと、後から吐き戻す事もありますので、ゲップは毎回出るように背中をトントンと叩いたりしてみましょう。


吐く赤ちゃんは我が子だけじゃない!
haku2

みんなが経験済、心配しすぎないで
赤ちゃんがミルクを吐く原因が分かって頂けたと思います。では心配は不要なの?うちの子だけかしら?というママの不安についてです。答えは、心配しすぎは不要という事です。新生児のうちに、ミルクを吐くという事はどの赤ちゃんも経験をします。どのママも心配した経験があるのです。あなただけではありません。

吐いちゃう度に、大丈夫かしら?と心配になるお気持ち、そっと片付けてみましょう。元気によく飲み、しっかりと体重が増えているようならば問題ありません。気を付けるべき症状としてよく聞かれるのが、噴水のように吐いた時です。噴水のようにって具体的にどれくらい?と疑問を持ちますよね。

仰向けの赤ちゃんが、天井に届くくらいの勢いで吐いてしまった時です。吐いたミルクの色や状態、赤ちゃんの機嫌を確認し病院へ受診をしましょう。この場合は、消化管が具合が悪かったり、問題がある事が考えられますので必ず病院へ連れて行きましょう。


ミルクを吐いた時の対応と対策とは
傾斜を付けて寝かせる事とゲップの回数を増やす事ミルクの吐き戻しがあった場合、ママはどのような対応と対策を行えば良いのでしょうか。まずは、傾斜を付けて寝かせる事です。首のまだすわらない3ヶ月頃までは、ミルクの吐き戻しをしやすいです。首のすわっていない赤ちゃんは、抱っこか寝かせる状態が多いですよね。

吐き戻しをした場合は、頭を高くして傾斜を付けて寝かせてみましょう。バスタオルや授乳クッションを活用して、傾斜を付けるとミルクが逆流しづらくなり、吐く事が落ち着くでしょう。また、ハイローチェアやバウンサーに寝かせるのも一つです。抱っこをする場合は、縦抱きにして逆流を防ぐようにしましょう。

先程も述べたように、胃はトックリ型をしています。その為、揺れや刺激で吐き戻しやすいので、抱っこでユラユラは控えて下さいね。そして、ゲップが出し切っていない事による吐き戻しもあります。ゲップをさせようと、背中をトントン叩いてもなかなか出ない。

そういう時もありますよね。授乳後だけではなく、授乳中に2回3回と回数を分けて、ゲップを出させるようにしてみて下さい。ゲップが出にくいからと、背中を強く叩きすぎるのは注意ですよ。


ミルクの吐く原因と対応、対策についていかがでしたか。大切なのは、心配をし過ぎない事。赤ちゃんの様子は、ママが一番知っているはずです。あら、いつもと様子がおかしいなとか、機嫌が悪いなと感じるのは、ママだからこそなんです。

赤ちゃんは成長と共に、ミルクの飲み方も上手になっていきます。そうすると、ゲップの回数も減り吐き戻しも減ります。今は、まだ上手になる一歩手前。ママの優しさで、そっと見守っていきましょうね。

【まとめ】

  • ミルクを吐く原因は?~飲ませる量に気を付けて~
  • ミルクを吐く原因は?~赤ちゃんの胃は、トックリ型をしている~
  • 吐く赤ちゃんは我が子だけじゃない!~みんなが経験済、心配しすぎないで~
  • ミルクを吐いた時の対応と対策とは~傾斜を付けて寝かせる事とゲップの回数を増やす事~
LINEで送る
Pocket