英語教育できるフィリピン幼稚園

 firipin youchien
「当たり前のように英語が使われる時代になるから、子供には幼い頃から英語を習得させたい」

「小さい頃が語学力定着には最適の時期だから、ぜひ良い環境で子供を学ばせたい」

最近では日本でもインターナショナルスクールが増えていますが、とても教育熱心で移住をしてまでも子供の教育環境を整えてあげたいと考えるご両親がたくさんいます。そこで今回は素晴らしい英語教育が出来るフィリピン幼稚園についてお話を進めていきます。

子供の英語教育に熱心な方、周りのママ友がフィリピンの幼稚園に子供を通わせている方、ちょっと興味がある方まで大満足の記事内容になっています。一緒に確認していきましょう。


英語教育できるフィリピン幼稚園


フィリピン幼稚園が注目されている理由
日本の幼稚園のレベルが低いわけではありません。むしろ日本の幼稚園は先生たちの意識も高いので、1人1人実に丁寧な指導をしてくれます。このように日本にはきちんとした環境が整っているのに、どうしてフィリピンの幼稚園が注目されているのでしょうか?

筆者が独自リサーチを進めた限りでは、フィリピンの幼稚園に通うメリットは3つあります。早速、見ていきましょう!

メリット1. 英語での会話が義務づけられている

フィリピンの幼稚園では、英語が義務付けられています。日本のインターナショナルスクールなども英語使用が義務付けられていると言っても、日本にいる以上はどうしても日本語を使ってしまうことが多くなりますから、英語しか使えない環境に身を投じるのも良いでしょう。

英語が共通語の環境にいれば、最初はとても大変な思いをするでしょうが、英語力は驚くほどに身に付くのです。


メリット2. 先生の数が多い

フィリピンの幼稚園は、先生の数が多いことでも有名です。2~5の生徒につき1人の先生がついてくれるので、マンツーマンに近い指導を受けることが出来ると評判なのです。

カリキュラムがあるわけでもなく、1人1人の能力や性格に合わせた指導をしてくれるのも、フィリピンの幼稚園の大きな魅力です。


メリット3. 午前と午後のどちらかから選べる

フィリピンの幼稚園は、午前クラスと午後クラスのどちらかを選ぶことが出来ます。日本には、このような時間選択制度がないので、働くお母さんにとってはとても便利なシステムですね。

午前50人、午後50人と分かれているケースが多く、教師と生徒の距離が近い充実した幼児教育が行えると評判です。


英語教育とフィリピンの関係性は?
firipin youchien
フィリピンではもともと、英語教育が盛んだったのでしょうか?いえ、そのようなことはありまぜん。

むしろフィリピンの公用語が英語になったのは、フィリピンがアメリカの植民地になってからですからフィリピン人はもともと英語を話す人種ではなかったのです。けれども、学校でも英語が使われるようになってからはビジネスや娯楽などさまざまな面で、幅広く英語が使われるようになりました。

その上物価も比較的安いことから、アジア系の人々の語学留学の地としてフィリピンが注目されていることは確かです。特に韓国人の方の語学留学の土地としてフィリピンは定着しつつあり、日本からも毎年多くの人が足を運んでいるのです。

また最近ではフィリピンの幼稚園が日本のママ達にも人気となり、移住される方も増えています。


気になる費用はどのくらい?
さて、英語教育が出来るフィリピンの幼稚園に通うためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?フィリピンの幼稚園には、私設と私学付属幼稚園の2つのタイプがあり費用も変わってきます。

例えば私設幼稚園に子供を通わせる場合は、寄付、授業料、入学金、ノートとペン程ではありますが教材費もかかってきます。ちなみに、授業料は日本円にして月平均1000円で、入学金は授業料の1ヶ月分となります。

とてもリーズナブルですし、私設幼稚園は制服もないので比較的通いやすいと思います。

一方で私学付属幼稚園は、私設幼稚園に比べたら全てにおいてお金がかかると覚えておきましょう。授業料は私設幼稚園の倍で月平均2000円ですし、お絵かきや工作、遊びながら学ぶ授業も多いので教材費もたくさんかかります。

その分、クオリティの高い教育が受けられると評判です。

子供はとても習得能力が高いので、全く話せない状態で英語が義務化されているフィリピンの幼稚園に通ったとしても、数か月で話せるようになることが多いようです。

私設幼稚園と私学付属幼稚園は、費用だけではなくカリキュラムにも大きな違いが見られるので、どちらがお子さまに適しているのか、家庭の教育方針に合っているのかをしっかり見極めるようにして下さい。

いかがでしたか?以上、英語教育できるフィリピンの幼稚園についてご紹介いたしました。お子さまの教育に熱心になるのはとても素晴らしいことだと思います。

日本の幼稚園も、フィリピンの幼稚園もそれぞれに良いところがありますので、十分に考えをまとめてご自分に合う方を選ばれてはいかがでしょうか。

幼稚園はお子さまが成長する上で、とても大切な場所です。両親である皆さんが、しっかり吟味して道しるべを作ってあげましょう。

まとめ
フィリピン幼稚園が注目されている理由
英語教育とフィリピンの関係性は?
気になる費用はどのくらい?

LINEで送る
Pocket