赤ちゃんのあせもの肌トラブル予防法

asemo yobouhou
「ママ、背中がかゆいよ~」と言われて、慌てて子供の洋服をめくって見てみると、細かな赤いブツブツが一面にびっしり…なんて経験ありませんか?

「あせもだから、掻いてはダメなのよ」と子供に言葉で伝えても、痒さを我慢できるわけもなく、ボリボリ掻いてあせもがひどくなってしまうことも少なくありません。

赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすい上に皮膚が薄く、とても肌がナイーブなので、ちょっとした刺激ですぐにあせもが発生してしまうのです。そこで今回は「赤ちゃんあせもの原因と予防法」をご紹介していきます。ママのホームケアによって、ボツボツ発疹を解消してツルツルお肌にしてあげましょう!


赤ちゃんのあせもの肌トラブル予防法


赤ちゃんのあせもってどんな症状?
肌の表面にポツポツと赤い発疹が出現して、痒みやチクチクとした痛みを伴うのがあせもの症状です。時には「水晶様汗疹」と言われる、白っぽい発疹が出現することもあり、夏を代表する肌トラブルの1つと言われています。

またオムツをしている赤ちゃんは、お尻や足の付け根などの部分にあせもが発生することが多く、夏になると多くのママ達がどのように対処すべきなのか悩んでいます。


赤ちゃんのあせもの原因は?
あせもという言葉の通り、原因は「汗」にあります。赤ちゃんや低年齢児は、大人に比べて体温が高いため汗をかきやすく、その上汗腺の発達が未熟なため、肌の表面が不衛生な状態になってしまいます。そのため、肌の表面にある表皮ブドウ球菌がどんどん増えていき、炎症を起こしてあせもの症状を引き起こすのです。

外気温が高く汗をかきやすい夏に、あせもの症状が集中するのは、このためです。


赤ちゃんのあせも予防法①汗をかきにくい環境を整えよう
赤ちゃんは泣いたり、ハイハイをしたりするだけで、すぐに汗をかいてしまいます。そこで暑い夏に汗をかき過ぎないように、環境を整えてあげることがママの大切な役目です。

背中に汗とりパッドを入れる・衣類は大人よりもマイナス1枚を心がける・風通しの良い部屋で過ごす・オムツを小まめに取り替える・エアコンを活用するなど日頃の生活の中で、出来るだけ赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作り上げてあげましょう。それが、ママの役目です!


赤ちゃんのあせも予防法②衣類の素材にこだわろう
赤ちゃんのナイーブな肌に直接触れる衣類は、なるべく柔らかい天然素材のものをオススメします。コットンや綿など汗を吸収して、肌に優しい素材で作られた衣服が良いでしょう。ナイロンやポリエステルなどの成分は、汗を吸収しにくいので注意して下さい。


赤ちゃんのあせも予防法③ベビーパウダーを活用しよう
ベビーグッズ売り場やドラッグストアで販売されているベビーパウダーは、赤ちゃんのあせも予防に最適です。お風呂あがりや温かいタオルで身体を拭いた後に、あせもが発生しやすい部分にベビーパウダーを塗れば、一瞬にしてサラサラとした肌質になり、あせもを予防することができます。

敏感肌の赤ちゃん~大人まで、誰でも気兼ねなく使うことが出来るので、是非お家に1つ常備しておいてはいかがでしょうか?


赤ちゃんのあせも予防法④小まめに汗を洗い流そう
asemo yobouhou

肌の表面がとても不衛生な状態になってしまうと、あせもが発生しやすくなります。そこであせもの1番の予防法は、シャワーや熱めのタオルで汗を洗い流すことです。

毎日急がしいママ達は少し面倒に感じるかもしれませんが、夏の暑い時期は1日に2~3回ほど赤ちゃんの肌の表面についた汗を、洗い流してあげることをオススメします。


あせもが悪化したら…どうすればいいの?
赤いポツポツが肌に広がり、子供が痒さのあまり不機嫌になっている。掻きむしって血が出てきた。このようにあせもが悪化して、どうしようもない状態になったら、小児科か皮膚科を受診して医師の診断を仰ぎましょう。どんなにママがホームケアをしっかり行っていても、夏の暑い時期にあせもが悪化してしまうのは仕方のないことです。

その時は、医師に「塗り薬」を処方してもらうのはいかがでしょうか?恐らく医師は、即効性のあるステロイド剤を処方してくると思いますので、正しい容量用法に従って使ってみて下さい。


あせもの薬、ステロイド剤って刺激が強すぎない?
けれども「ステロイドって刺激が強すぎない?」「大丈夫なのかしら?」と心配になってしまうママも少なくありません。そこで、ステロイド剤についてもう少し詳しくお話していきます。

ステロイド剤は年齢や肌質などによって、効果の弱いもの~強いものまで使い分けられています。もちろん医師の判断によって、赤ちゃんの肌に使用しても問題のないステロイド剤が処方されるので、心配することはありません

いかがでしたか?以上「赤ちゃんのあせもの原因と予防法」についてご紹介しました。

赤ちゃんは自分で体温調節もできませんし、痒い・暑いなどと声に出して言うこともできません。だからこそ、ママが赤ちゃんの肌の状態やスキンケアに気遣ってあげることがとても大切なのです。特に夏は、注意深く看てあげるようにしましょう。

まとめ
赤ちゃんのあせもってどんな症状?
赤ちゃんのあせもの原因は?
赤ちゃんのあせも予防法①汗をかきにくい環境を整えよう
赤ちゃんのあせも予防法②衣類の素材にこだわろう
赤ちゃんのあせも予防法③ベビーパウダーを活用しよう
赤ちゃんのあせも予防法④小まめに汗を洗い流そう
あせもが悪化したら…どうすればいいの?
あせもの薬、ステロイド剤って刺激が強すぎない?

LINEで送る
Pocket