赤ちゃんのうんちの色で健康チェックする方法!

akachan unchi
赤ちゃんは大人のように、自分の体調を言葉でうまく伝えることが出来ません。お母さん達は赤ちゃんが、「お腹が痛い」「頭が痛い」「気持ち悪い」など、赤ちゃんがきちんと伝えてくれたら、どんなに楽になることかと思ってしまうでしょう。でも、それは思っても仕方のないことです!

そこでお母さん達に注目して欲しいのは、赤ちゃんうんちの色です。うんちは食べたものや体調がダイレクトに反映されるので、体調の良しあしを判断するためには最適なのです。

そこで今回は、赤ちゃんのうんちの色や形から、健康をチェックしていく方法をご紹介します。


赤ちゃんのうんちの色で健康チェックする方法!


新生児期のうんちの特徴とは?
生まれたばかりの赤ちゃんのうんちは、母乳を飲んでいるのか、またミルクだけで育てられているのかで形状、色、カタチが変わってきます。

もし母乳だけで育てられている場合は、黄色がかった比較的水分量の多いうんちになるでしょう。また臭いも甘酸っぱい感じになり、大人のうんちとは形状・色・臭いともに全然違います。

またミルクだけで育てられている赤ちゃんのうんちは、母乳に比べてやや硬い印象を受けるでしょう。色も母乳のような黄色味の強いものではなくて、黄色と茶色が混ざったような色味となるでしょう。

とにかく生まれたばかりの赤ちゃんのうんちは、比較的柔らかいものだと理解しておきましょう


うんちの色が白・黄色・黒だったら?
離乳食前の赤ちゃんのうんちは基本的に、黄色味が強くなっています。母乳だけで育てられた赤ちゃんのうんちは水分を多く含んでいますし、ミルクだけで育てられた赤ちゃんのうんちは少し固めになっています

固さに若干の違いはあるものの、うんちの色が黄色の場合は健康な状態と言えるでしょう。

ただし、うんちの色が白や黒だった場合は、要注意です。もしかしたら、重大な病気を引き起こしているサインかもしれません。
うんちの色が白色になっていたのなら、胆道閉鎖症などの先天性の病気、肝臓の炎などの病気にかかっている可能性があります。

もし、白いうんちと共に激しい嘔吐が続いた場合はロタウィルスなどの感染症を疑いましょう。黒色の場合は、胃や十二指腸など消化管の入り口付近で出血したものが、便の中に含まれているという証拠なので、すぐに病院に行くことをオススメします。

いずれにせよ、普段赤ちゃんの面倒を見ているお母さんが、赤ちゃんのうんちの色に違和感を覚えたのであれば、すぐに医師の診断を仰ぎましょう。


下痢の時の対処法が知りたい
akachan unchi
もしも赤ちゃんが下痢をしてしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。突然のことに慌てふためかないように、きちんと確認しておきましょう。

まず下痢の時に注意すべきことは、脱水症状です!水分を大量に含んだ便を何度もすると、体内の水分量が著しく低下して、脱水症状を引き起こしてしまうのです。

ですから赤ちゃんが下痢をした時には、小まめに水分補給をさせて下さい。水・イオン水・麦茶・ミルク・母乳・果汁など、赤ちゃんが飲みやすいものを選んであげて下さいね。


便秘の時はどうやって出せばいい?
赤ちゃんのうんちが何日間も出ない、お腹が張って苦しそう、便秘が続いて機嫌が悪いなどの症状が続いたら、便秘なのかもしれません。もしも赤ちゃんが便秘をしているときには、どのように対処すればよいのでしょうか?

いくつかの方法があるので、ご紹介していきますね。ぜひ、参考にしてくださいね。

①オリーブオイル綿棒

オリーブオイルを少量塗って滑りを良くした綿棒を肛門に入れて、出し入れします。そうすることで、刺激が加わり、便が出やすくなるのです。
無理に肛門に押し込んだり何度も行うと、血が出てしまったり、自分で排便する力が低下してしまうので気を付けましょう。


②水分補給

便が何日も出ない時には水分をたくさん補給して、便を柔らかくするのはいかがでしょう。小まめに水分補給をすることで、便が出やすくなるでしょう。
飲み物が進まないのなら、スイカや梨などの水分量が多い果物を積極的に食べましょう。


③お腹マッサージ

便秘の時は、お腹をクルクルとマッサージするようにして下さい。程よい刺激を与えることで、腸の動きが活発化して便秘が解消されるでしょう。

便秘が続くと赤ちゃんも苦しくて機嫌が悪くなってしまいます。ですから出来るだけ、スムーズに排便が促せるように努めてくださいね。

いかがでしたか?今回は、赤ちゃんのうんちの色と形に注目してみました。言葉でうまく伝えられない分、お母さん達は赤ちゃんのうんちや元気な時との様子の違いによって、体調の変化を把握していかなければいけません。

赤ちゃんの具合の悪さに気が付くためには、普段から元気な状態の時の熱やうんちの様子をしっかりと確認しておく必要がありますね。頼りになるのは、いつも一緒に居るお母さん達の「目」ですから、わが子の健康を見守り続けていきましょうね。

まとめ
新生児期のうんちの特徴とは?
うんちの色が白・黄色・黒だったら?
下痢の時の対処法が知りたい
の時はどうやって出せばいい?

LINEで送る
Pocket