目を離さないで!正しい赤ちゃんのお風呂の入れ方

akachan ofuro
赤ちゃんの健康維持のためには、毎日のお風呂が欠かせません。生まれてすぐは沐浴という形で、大きめのたらいや新生児用の浴槽で身体を洗っていたという赤ちゃんも、生後1か月検診が無事に終わると大人と一緒の浴槽でお風呂に入ることになります。

でも、とても小さい赤ちゃんをお風呂に入れるのは一苦労ではありませんか?どのようにして身体を洗えばよいのか分からない、入浴の段取りが掴めないという人も多いでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんをお風呂に入れる時のコツやオススメのケア方法についてご紹介いたします。

一緒に確認していきましょう!


目を離さないで!正しい赤ちゃんのお風呂の入れ方


赤ちゃんをお風呂に入れる時に必要なもの
赤ちゃんをお風呂に入れる時には、事前に必要なものを準備しておく必要があります。毎日お風呂の時間に揃えておくべきアイテムになりますから、参考までにまとめてみますね。

・大きめのバスタオル2枚
→ 赤ちゃんをすっぽり包み込める位のサイズが良いでしょう。新品のタオルはガサガサするので、一度選択をして肌触りを滑らかにしておくようにして下さい。

・ボディタオル1枚
→ 赤ちゃんの目に泡やお湯が入りそうになった時のために、手元に準備しておくことをオススメします。
厚手のタオルよりも、薄手のものをオススメします。

・ガーゼ 1枚
→ 赤ちゃんの身体を洗う時には、タオルよりも柔らかいガーゼをオススメします。手で洗うと爪で肌を傷つける恐れもありますので、ガーゼの使用をオススメします。

・赤ちゃんの入浴用イス(お座りが出来ない場合は、寝かせるタイプもある)
→ 赤ちゃんの入浴用グッズ売り場に、お風呂場で使うことが出来るイスが販売しています。座って使うタイプと寝かせて使うことが出来るタイプがあるので、用途に添ってお選びになってはいかがでしょうか?

・赤ちゃん用のボディソープ(身体と頭兼用のタイプが多い)
→ 大人用のボディソープでは、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎてしまいます。ですから、赤ちゃん用の低刺激のものを使うようにしましょう。

・お風呂上り用のクリーム
→ お風呂上りに何もケアをしないと、肌の乾燥を招いてしまいます。そこで、お風呂上りはきちんとクリームを塗ってケアをしてあげるようにしましょう。


入浴前にお着替えの準備は完了しておこう
お子さまをお風呂に入れる前にすべきことは「お着替えの準備」です。特にママ1人でお風呂に入れる際には、入浴前の準備をしっかりしておくと、とても楽になります。

入浴前のお着替えの準備ポイントは、こちら↓

  • 脱衣所、またはお着替えスペースにバスタオルを敷いておく。
  • 赤ちゃんの下着は、パジャマの中にセットしておく。
  • ドライヤーをコンセントに差しておく。
  • 髪の毛を拭く小さなタオルを準備しておく。

ママも一緒にお風呂に入る場合は、すぐに着替えられて水分を吸い取るタオル生地のワンピースやバスローブを準備しておくと、便利ですよ。


赤ちゃんをお風呂に入れてみよう!
akachan ofuro
それでは、赤ちゃんをお風呂に入れる流れをご説明していきますね。まずは、赤ちゃんの安全を確保するためにバスマットを敷いてあげましょう。

<赤ちゃんをお風呂に入れる時の流れ>
①お風呂に入る前に、掛け湯をする。
→ 急に熱いお湯に入れるとびっくりしてしまうので、ぬるめのお湯を足元からかけてあげましょう。

②2分ほど一緒に温まる。

③身体を洗う。

④再度、湯船に浸かる。
→ 温まりすぎると、赤ちゃんがグッタリしてしまうので気を付けましょう。

⑤お風呂から上がったら、身体を拭いてあげる。

⑥パジャマを着せる。


身体洗いの流れを知っておこう!
新米パパ・ママにとって、赤ちゃんの身体を洗うのは大仕事だと思います。いったいどこから洗えばいいのか、どのくらいの力加減で洗えばいいのか分からないでしょう。

そこで、簡単に赤ちゃんの身体洗いの流れについて、まとめてみました。

①顔と頭を洗います。
→ 1番最初に洗うのは、赤ちゃんの顔と頭です。特に乳児湿疹がひどい場合は、指の腹にボディソープを付けて、クルクルと円を描くように洗って下さい。

②背中を洗います。
赤ちゃんを抱っこして、背中の後ろを優しく洗い上げます。首の後ろをしっかり支えてあげると、赤ちゃんも楽な姿勢でいられます。

③股、お尻は最後に。
赤ちゃんの股、お尻部分は汚れているところでもあるので、しっかり洗ってあげましょう。
股→お尻の順に洗ってあげてくださいね。


お風呂上がりには、すぐに保湿クリームを塗ろう
お風呂上りは水分の蒸発と共に、肌が乾燥してしまいます。そこで、すぐに保湿クリームを塗って皮膚の表面に膜を張ってあげましょう

顔はもちろん、全身にくまなく塗ってあげることを忘れないようにして下さい。

いかがでしたか?以上、赤ちゃんをお風呂に入れる時のポイントをご紹介しました。新米パパやママにとって、お風呂タイムはドキドキすると思いますが、慣れてしまえば大丈夫です!

赤ちゃんが気持ちよさそうにしている顔を見れば、きっとこの上ない嬉しさが込み上げてくるでしょう。

ぜひ、今回ご紹介したポイントをしっかり押さえて取り組んでみて下さいね。

まとめ
赤ちゃんをお風呂に入れる時に必要なもの
入浴前にお着替えの準備は完了しておこう
赤ちゃんをお風呂に入れてみよう!
身体洗いの流れを知っておこう!
お風呂上がりには、すぐに保湿クリームを塗ろう

LINEで送る
Pocket