生まれたての赤ちゃんの能力がすごい!

 akachan nouryoku
お母さんのお腹の中から生まれた赤ちゃんは、何も出来ないのでしょうか?いえ、決してそのようなことはありません。確かに生まれたばかりの赤ちゃんは、ママやパパの助けなしでは生きていくことが難しいのですが、生まれたばかりの赤ちゃんでも、色んなことが出来ているのです。

パパやママは赤ちゃんの潜在的な能力をきちんと理解した上で子育てをしていくことが大切です。そこで今回は、生まれたての赤ちゃんの秘めた能力に注目してまいります。一緒に確認していきましょう!


生まれたての赤ちゃんの能力がすごい!


生まれたての赤ちゃんの目が見えているってホント?
「生まれたばかりの赤ちゃんは、目が見えないんでしょ?」というママもいますが、全く視力がないというわけではありません。生まれたての赤ちゃんは目の前がぼやけて、どのような形かを判断することは難しいものの、目は見えているのです

けれども視力は、0.01~0.02程度と非常に低い数値と言われています。では、生まれたての赤ちゃんの視力が低いのは、なぜなのでしょうか。

それには目の発達ではなく、脳の発達に重要な関係があるのです!赤ちゃんは脳の発達に伴って、物を見極める能力が高まっていくので、徐々に遠近の視力が定まっていきます。

脳と目がお互いに作用し合うことで、視力もどんどん良くなってくるというわけです。


臭いもかぎ分ける赤ちゃんの本能
赤ちゃんの嗅覚は、生まれた時から優れています。何と妊娠初期である8週目には鼻のカタチがそれとなく出来上がっていますし、妊娠20週前後にはお腹に中にいるうちから嗅覚も働いているのです。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは目が見えない状態でも、抱っこをする時にお母さんのおっぱいを探すようなしぐさをします。これはお母さんの母乳の臭いから、場所を感知しようとしているのです。

また嗅覚が鋭いので、母乳やミルクの違いを臭いで嗅ぎ分けることが出来ますし、ママのことも臭いで判断できるのです。よって赤ちゃんの嗅覚は優れていると言えるでしょう。お腹の中で嗅覚が完成するなんて、驚きですね。


赤ちゃんの記憶力
子供に「○○君、赤ちゃんの時のこと覚えている?」と聞くと、ほとんどの場合は「わかんなーい」と覚えていないと思います。あんなに色んな場所に連れて行ったのに、色んな食べ物を食べさせたのにほとんど覚えていないなんて、悲しすぎるというママもいるでしょう。でも、これは仕方のないことなのです!

赤ちゃんの記憶が定着するのは、3歳以降と言われているので小さい時のことは忘れてしまいます。

生後3か月では記憶が1週間、生後4か月では2週間しかキープ出来ないと言われていますし、小さい時の記憶もあいまいなのです。生まれたばかりの赤ちゃんの場合は、記憶を定着するということは難しいというわけです。

その上子供の記憶が3歳まであいまいなのは、幼児期健忘(ようじきけんぼう)とまで言われていますから、幼児期の記憶が定着しないのは仕方のないことなのです。

だからと言って、旅行に連れて行かなくてもいいか、色んな食べ物を食べさせる必要がないかと言ったらそのようなことはありません。

赤ちゃんの感情を豊かにしたり脳を刺激するためにも、家族で色んな関わりを持つことや、行ったことのない場所にでかけることは非常に重要なのです。

けれども、3歳以前に子供達はベラベラと話し始めるので、記憶がないと言うわけではありません。記憶を定着させて、また引き起こす機能が発達途中という見解が正しいでしょう。子供の記憶にも個人差がありますので記憶力に優れている子もいれば、普通レベルの子もいます。

明確な基準はありませんので、子供たちの個性を楽しみましょう。


手足バタバタは赤ちゃんのトレーニングだった
akachan nouryoku
生まれたばかりの赤ちゃん~生後5か月くらいに良く見られる「手足バタバタ運動」は、実は赤ちゃんが自らをトレーニングしているのです。こんなに小さいのに、自らを鍛えるなんてすごいですよね?

新生児の時から見られる特有の手足バタバタ運動は、運動能力の発達向上のために、中枢神経を頑張って鍛えている途中なのです。

大人でもトレーニングが億劫になるときが多々あるのに、自らに厳しく出来る赤ちゃんは素晴らしいですよね!もし、赤ちゃんが手足をばたつかせていたら、今はトレー二ング中だと思って見守ってあげましょう。

いかがでしたか?今回は、生まれたての赤ちゃんが秘めている能力についてご紹介いたしました。赤ちゃんはパパやママの助けなしでは生きていくことが出来ませんが、視覚、聴覚、記憶力、運動能力が全くないわけではないのです。

パパやママは赤ちゃんが潜在的に持っている能力をいかに伸ばしてあげることができるのかという点を意識して、子育てを楽しんでいきましょう。

記憶については定着することを期待せずに赤ちゃんの感性を豊かにすることを目的として、たくさん関わりを持ったり、旅行に連れて行ってあげましょう。

まとめ
生まれたての赤ちゃんの目が見えているってホント?
臭いもかぎ分ける赤ちゃんの本能
赤ちゃんの記憶力について
手足バタバタは赤ちゃんのトレーニングだった

LINEで送る
Pocket