赤ちゃんの熱中症5つの対策

 akachan nettsyuusyou

毎日暑い日々が続くと、体力が消耗されてヘロヘロになってしまいますよね?大人が暑さにバテてしまうのですから、子供や赤ちゃんがバテないはずがありません。

赤ちゃんはまだ自分で体温調節をすることも得意ではありませんし、水分補給も自分の力だけではできません。気温が上昇する夏に、大人のペースに合わせて長時間の外出をしていたり、クーラーを付けることなく室内にいると、いつの間にか赤ちゃんがぐったりとしているなんてことありませんか?

もしかしたら、熱中症になっているのかもしれません。熱中症をそのままにしておくと、最悪の事態を招いてしまうこともあるので、すぐに何らかの対処をする必要があります。もしもの時の為に、お母さん達はしっかり確認しておきましょう。


赤ちゃんの熱中症5つの対策


熱中症を理解しよう
赤ちゃんの熱中症に気を付けようと言われても、熱中症がどのようなものなのかを、きちんと理解しておかなければ対処は出来ません。

熱中症とは一般的に、高温の環境に居続けたことによって体内の水分量が急激に低下したり、塩分のバランスが崩れることで、身体の機能が著しく低下してしまうという症状を引き起こします。

毎年多くの人が熱中症で亡くなっていることからも、熱中症が死に至る可能性のある病気であることが分かります。ですから、赤ちゃんが熱中症にかかってしまったら油断をせずに、きちんと対処をしていきましょう。


赤ちゃんの熱中症の症状を知っておこう
それでは赤ちゃんが熱中症にかかると、いったいどのような症状が出るのでしょうか?もしもの時の為に、リストにまとめてみました。ぜひ、ご覧くださいね。

・ぐったりして、顔色が悪い。
・唇がカサカサに渇いている。
・機嫌が悪くて泣いている。
・顔が赤い。
・汗をかかなくなって、低体温。
・意識がない。
・ボーっとしている。
・とにかく元気がない。
・尿が出なくなってしまう。
・水分を異常に欲する。

このように、熱中症のサインにきちんと気づくことが大切です。子供たちの小さな変化を見逃さないようにしましょう。


外出時のベビーカーに要注意!
夏の暑い時期の外出は、本当に気を付けなければいけません。最近増えているのが、ベビーカーに乗った赤ちゃんが熱中症にかかってしまうという事故です

赤ちゃんをベビーカーに乗せて長時間外出していたら、気が付いた時にはぐったりしていた、汗だくになって脱水症状を引き起こしていたということも少なくありません。

なぜなら、赤ちゃんは大人と比較して、まだまだ体温調節機能が未発達ですし、実はベビーカーは大人の顔の位置よりもアスファルトに近いので、日光の照り返しを受けてしまうのです。

体感温度は、ベビーカー付近の気温の方が約3~5度高いと言われているので、長時間の外出は赤ちゃんに大きな負担をかけていることがお分かり頂けるでしょう。


室内でも熱中症になります!
akachan nettsyuusyou
また室内にいるから、熱中症にかからないと安心してはいけません。室内でも窓を閉め切って無風状態にしていたり、クーラーの設定温度を高めにしていると、いつの間にか汗をかいた状態が続き脱水症状を引き起こしてしまうのです。

クーラーが効いた部屋に長時間いると、無意識のうちにママも赤ちゃんに水分補給をさせることを忘れてしまい、そのまま外出してしまうことから熱中症にかかりやすくなってしまうというケースもあります。

ですから例えお部屋の中にいても、赤ちゃんには小まめに水分を補給させて、脱水症状や熱中症を引き起こさないように努めましょう。


外出時の熱中症対策グッズとは?
夏の暑い時期の赤ちゃんとの外出は、何かと気を遣います。とにかく熱中症になってしまっては、とても大変なことになりかねませんので、何とかしてならないための努力をしていきましょう。

最後に、ママ達にオススメの熱中症対策グッズをご紹介します。

<オススメの熱中症対策グッズ>

①ベビーカーにつけるアイスパッド
真夏の外出時に、ベビーカーを使うママにオススメなのが、ベビーカー用のアイスパッドです。
ベビーカーの背もたれ部分に、冷えたアイスパッドを背負うことで、体感温度が下がり熱中症を防止してくれます。アスファルトによって、大人よりも体感温度が高くなっている赤ちゃんが、快適に過ごすことが出来るでしょう。

②冷えピタ
熱が出てしまった時におでこに貼る冷えピタも、夏の熱中症対策には重宝します。長時間冷却効果が持続しますし、動きの激しい子供にピッタリ貼ることが出来るのも魅力の1つです。ぜひ、高熱が出た時だけではなく、夏の暑い時期にも使うようにしてくださいね。

いかがでしたか?今回は、赤ちゃんの熱中症について5つの項目に分けてご紹介いたしました。熱中症は甘く見てはいけない病気の1つです。

毎年多くの人が亡くなっていることからも、事の重大さがお分かりになるでしょう。赤ちゃんの命を守ってあげるのは、お父さん、お母さんです。熱中症に関する正しい知識を頭の中に入れて、緊急時に備えておきましょう。

まとめ
熱中症とは?
赤ちゃんの熱中症の症状とは?
外出時のベビーカーに要注意!
室内でも熱中症になります・・・
外出時の熱中症対策グッズとは?

LINEで送る
Pocket