ママ必見!赤ちゃんのげっぷをさせる魔法の方法

akachan geppu 
赤ちゃんげっぷしないと、ミルクを吐いてしまうことがあります。げっぷをしない時は寝ながら吐いて窒息してしまうんじゃないかとママもヒヤヒヤすることもありますよね? 赤ちゃんのげっぷは簡単にさせられるようになりますよ。


ママ必見!赤ちゃんのげっぷをさせる魔法の方法


赤ちゃんのげっぷ
げっぷが必要な赤ちゃんは、産まれてすぐ、新生児のころです。赤ちゃんのお口の構造は大人とちょっと違っていて、喉頭蓋が大人よりちょっと高い位置にあります。そのため、息をしながら、ゴクゴクとミルクを飲めるのです。

その代わりに、息も一緒に飲み込みやすくなります。授乳中、ずっとくわえっぱなしで飲み続けられる良さがありますが、空気を飲み込んでしまっているので、空気がポコっとあがってくる時にはミルクが逆流しています。

その時にミルクを吐き出してしまうのです。せっかく飲んだミルクも吐いてしまっては栄養になりませんし、ギリギリ吐かなかったとしても、空気が邪魔してミルクを消化しにくくなります。お腹を空気が圧迫してしまうのは赤ちゃんにとって辛いことです。

赤ちゃんのげっぷは、コツさえ掴めば、簡単に出せるようになります。赤ちゃんにあった方法でげっぷをさせてあげてください。


赤ちゃんのげっぷをだす魔法の方法
赤ちゃんのげっぷをだす方法は2つ。

・ ひざに赤ちゃんを乗せてだす方法
この方法は、産まれたすぐからできる方法です。できるだけ、この方法から試して、この方法ではでにくいなと思ったら抱えてする方法にかえてください。

ひざに赤ちゃんを乗せ、正面ではなく横を向くように座らせます。
赤ちゃんが倒れないように赤ちゃんの前から脇の下を持ち安定させます。
安定させた手で、赤ちゃんのあごを持ちます。(不安定なら、脇のままで)
そして、もう片方で赤ちゃんの背中をこすります。

たったこれだけです。赤ちゃんの背中をバシバシ叩いたりすることがないようにしてください。衝撃で、余計に息を飲み込んでしまいます。背中の下の方から上へ押し出すイメージで優しく撫でてあげるとでやすくなります。

赤ちゃんのげっぷは小さくでる時もあります。小さなげっぷの音を聞き取るためにもトントン叩くことは最初のうちは避けてください。慣れて、赤ちゃんもリズムよくげっぷをだせるようであれば、トントン叩くこともいいのですが、最初のうちは是非、背中を撫でる方法で待ちましょう。

・ 赤ちゃんの顔を肩にのせるように抱えてげっぷさせる方法
赤ちゃんの顔を肩にのせる方法は産まれてすぐの赤ちゃんよりも、少し体つきがしっかりしてきた赤ちゃんに最適です。肩でミルクを吐いてしまうこともあるので、肩にタオルをかけて、その上に赤ちゃんを乗せるようにしましょう。

顔が見えないので、小さなげっぷを見過ごさないように注意が必要です。また、でないからといってトントンと続けるのは良くありません。もしかしたら、空気を飲み込まずに上手にミルクを飲めたのかもしれません。

必要がないのに、トントン繰り返していると、赤ちゃんは吐いてしまいます。特に、肩に乗せている時は前かがみの状態になっているために、吐き出しやすいですから気をつけましょう。

赤ちゃんを乗せる肩にタオルをひく
赤ちゃんの胸が肩にもたれかかるように抱き上げる
赤ちゃんが少し前かがみの体勢になるように調整する
赤ちゃんの息にあわせて、背中をなでる

赤ちゃんの体勢が重要になります。ひざに乗せてげっぷさせる方法ででにくい赤ちゃんは少し前かがみで、丸くなった方がでやすい赤ちゃんといえます。

赤ちゃんの背中を丸めてあげるように、肩にのせた時に支えているお尻の位置をずらして、赤ちゃんが丸くなるようにしてあげてください。


赤ちゃんのげっぷはいつまで?
akachan geppu

赤ちゃんのげっぷは、だいたい4ヶ月ころまで必要です。そこのころになれば、赤ちゃんの喉のつくりも大人に近づいて、だんだんと空気をのまなくなります。赤ちゃんそれぞれなので、ミルクを吐いてしまうのであれば、続けてあげてください。

首がすわるころに、喉の構造も成長して大人に近づいています。首がすわるのを目安にするのも一つの方法です。

赤ちゃんのげっぷがでずに、気になるのもこのころです。必要がなくなっているということですから、無理にだす必要はありません。もしくは、空気をおならとしてだすのが上手でげっぷをする必要がないということも考えられます。

赤ちゃんによって、しっかりとおならでだせている赤ちゃんもいますので、こだわる必要はないと思います。

もし、げっぷをしても吐き戻すことが多いようなら、赤ちゃんを少し斜めに寝かせてあげましょう。体の右側が下になるように、タオルなどをいれてあげるといいかもしれません。胃の出口が体の右側にあるので消化を助けてくれます。

そして、大事なことは、体を斜めにしておくことで、ミルクを吐いても窒息しないようにしてあげることです。ママがトイレに行っている時にミルクを吐いてしまうかもしれません。安全のために、ミルクを吐いても、自分が吐いたミルクで窒息してしまわないように、してあげましょう。

まとめ
ママ必見!赤ちゃんのげっぷをさせる魔法の方法
赤ちゃんのげっぷ
赤ちゃんのげっぷをだす魔法の方法
赤ちゃんのげっぷはいつまで?

LINEで送る
Pocket