赤ちゃんの便秘に綿棒は危険?

akachan benpi
妊娠中に何日間もお通じが出なくなって苦労したママや、昔から毎日お通じが出ないことが当たり前というママはたくさんいます。お通じが出ないとお腹が張りますし、肌も荒れるので良いことはありませんよね。けれど、便秘の症状が起きるのは大人だけではありません。

イメージ的には便秘とは無縁そうな赤ちゃんですが、何日間もうんちが出なくて、その対処に困ってしまうママも珍しくはありません。

そこで今回は、赤ちゃん便秘というテーマでお話を進めてまいります。

中には、赤ちゃんが便秘の時には「お尻を綿棒でグリグリと刺激すると良い」という口コミを参考にして、実際に試しているママもいるようですが、これは本当に正しい方法なのでしょうか?

今回は、このような身近な疑問点や便秘の原因、対処法などを詳しくご紹介していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。


赤ちゃんの便秘に綿棒は危険?


どのような状態を便秘というの?
はじめに、赤ちゃんがどのような状態になった場合「便秘」と判断されるのか、簡単にご説明しますね。赤ちゃんは言葉で伝えることが出来ませんから、ママがしっかりと見極めてあげましょう。

  • ウンチが3日以上出ない。
  • とにかく機嫌が悪い。
  • 食欲が低下する。
  • お腹がポッコリ出ている。
  • お腹が張って苦しそう。
  • 泣くことが多くなる。

このように、ウンチが出ないという症状だけでなく、言葉でうまく伝えられない赤ちゃんは
自分の身体に起きた不快な症状を泣いたり、ぐずることで解消するのです。


赤ちゃんの便秘の原因はこれだ!
便秘は大人がするものだと思っている人も多いようですが、赤ちゃんも便秘をしてしまうのです。いったいどのような原因があるのでしょうか?

原因1.完全ミルクで育てている子の場合、消化が良くないので便秘になる
ママの身体から作り出された母乳は、とても消化が良く、胃や腸への負担も少なくて済みます。しかしながら、ミルクは母乳に比べて消化が悪いので、腸の機能が未発達な赤ちゃんの中にはミルクが原因で便秘を引き起こしてしまうことがあるのです。


原因2.水分不足
母乳やミルクの飲む量が少ない赤ちゃんは、ウンチが硬くなってしまうので便秘になりやすいと言えます。特に汗をかきやすい夏場は、普段よりもたくさん水分補給をしなければいけません。しっかり覚えておきましょう。


綿棒でお尻の穴をグリグリする方法は、正しいの?
「うちの子供は、便秘をするたびに綿棒でグリグリしているわよ」「綿棒グリグリは、すごく効くの!」というママ達の声が聞こえてきます。

これは、赤ちゃんのお尻の穴に綿棒を入れて刺激を加え、ウンチが出るように促す方法です。

実際に、便秘が解消されている赤ちゃんもたくさんいますし、助産師さんが赤ちゃんの便秘で悩むママ達に教えている方法でもあります。

ただし正しい方法で試さなければ、逆に肛門を傷つけることになってしまうので、これからご紹介する方法をきちんと確認しておきましょう。

 ①大人用のほぐした綿棒に、ベビーオイルかオリーブオイルをたっぷり塗ります。滑りを良くすることが大切です。

 ②赤ちゃんの様子を見ながら、綿棒で徐々に肛門を開いていくような感じで、肛門の入り口から1~2センチのところを刺激してあげましょう。

 ③上記の動きをしているのと同時に、赤ちゃんのお腹を優しくなでて、腸の動きを活発にしてあげましょう。


綿棒でお尻の穴をグリグリする時の注意点は?
akachan benpi
綿棒でお尻の穴をグリグリと刺激する時には、いくつかの注意点を守るようにしましょう。

 <注意点>
 ①赤ちゃん用の細い綿棒だと痛いので、大人用をほぐして使うこと。
 ②オイルを十分につけること。
 ③無理にしないこと。
 ④赤ちゃんが痛がったら、やめること。

「赤ちゃんの為だから!」と無理にお尻の穴に、綿棒をグリグリする必要はありません。

赤ちゃんの様子を見ていきながら、少しずつ刺激を加えていくようにしましょう。


赤ちゃんの便秘はこうやって改善しよう
何日間も便秘の状態が続くと、大人でも苦しくなってきますよね。そこで、赤ちゃんが便秘を引き起こした場合の対処法をまとめてみました。ご確認くださいね。

 <赤ちゃんの便秘改善法>
 ・水分をたくさん取らせる。
 ・離乳食に、食物繊維の豊富な食材を使用する。
 ・ハイハイなど、適度な運動をして腸の動きを良くする。
 ・食事の時間を整える。
 ・毎日決まった時間に、睡眠、食事、入浴をする。

上記の改善法を日々の生活習慣に取り入れて、少しでも赤ちゃんの便秘が良くなるように努めましょう。

以上、赤ちゃんの便秘についてあらゆる角度からお話しました。赤ちゃんは自分で言葉を発することが出来ないので、ママが体調の変化に気づいてあげることが大切です。

小まめな水分補給・マッサージ・適度な運動・食事内容に気を遣って、少しでもスムーズな排便が出来るようにサポートしてあげましょう。赤ちゃんが元気に過ごすことが、ママの喜びでもありますよね!ぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

まとめ
赤ちゃんの便秘に綿棒は危険?
どのような状態を便秘というの?
赤ちゃんの便秘の原因はこれだ!
綿棒でお尻をグリグリする方法は、正しいの?
綿棒でお尻をグリグリする時の注意点は?
赤ちゃんの便秘はこうやって改善しよう

LINEで送る
Pocket