うちの赤ちゃんもしかしてアトピー?って思ったらチェック

akachan atopii
テレビCMに出てくる赤ちゃんの肌はツルツルなのに、どうしてうちの子は湿疹だらけなの?

新生児の時から、乳児湿疹がひどくて皮膚科にお世話になってばかり・・・もしかしてアトピーなのかしら?このように、ママ達は自分の肌以上に赤ちゃんの肌の状態が気になってしまいますよね。

ママのお腹の中に長い間居た赤ちゃんは肌が弱く、お腹の外に出ると色んな刺激を受けてしまいます。そうするとすぐに湿疹が出たり、炎症を起こしてしまうのです。

新生児特有の湿疹やたまにポツリと出る程度なら問題ないと思いますが、湿疹や炎症を毎日繰り返すのならば、もしかしたらアトピーの可能性も考えられます。そこで今回は「赤ちゃんとアトピー」について、詳しくお話させて頂きます。

さぁ、一緒に確認していきましょう。


うちの赤ちゃんもしかしてアトピー?って思ったらチェック


赤ちゃんは湿疹ができやすい!でも、多くの場合は1~2歳で治る
赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、少しの刺激ですぐに湿疹が出来てしまいます。生後2週間~長くて1歳くらいまでは、非常に肌が荒れやすい時期で、多くの赤ちゃんが1度は乳児湿疹を経験するのです。

乳児湿疹には、皮脂の分泌が盛んな赤ちゃんがかかりやすい「乳児脂漏性湿疹」、長時間のオムツによってお尻のところがかぶれてしまう「オムツかぶれ」、汗をかきやすい夏場に発生する「あせも」、食べ物による「食物アレルギー」など、さまざまな原因が考えられます。

しかしながら、乳児湿疹の場はほとんどが1~2歳までに治り、その後は日々出てくる湿疹に悩まされることがなくなるでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになってしまうので、どうしても湿疹ができやすくなってしまうのですが、成長とともに皮脂分泌も徐々に落ち着いてきますので、問題ないでしょう。

けれども、湿疹や肌荒れが慢性的に繰り返したり、ますますひどくなる一方で手が付けられないという場合は、もしかしたらアトピー体質の赤ちゃんかもしれません。

参考までに次の項目では「アトピー性皮膚炎」について詳しくまとめてみましょう。


乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?
akachan atopii

新生児の時に、顔に湿疹が広がると「うちの子・・・アトピーかもしれない」と心配になってしまうママも少なくありません。けれども自然と良くなって消えていく場合は、乳児湿疹でありアトピー性皮膚炎ではありませんので、心配しすぎる必要はないでしょう。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎を見分けるのは、本当に難しい!ですが、アトピー性皮膚炎ならでは特徴がありますので、念のため参考にしてください。

アトピー性皮膚炎の最大の特徴は、良くなったと思ったらまたひどくなるような、慢性的な強い痒みです。あまりの痒さに、子供がかきむしって血が出てしまうというケースもあります。

以前は、「2歳で半分の患者さんが治癒し、その後10歳でさらに半分の患者さんが治癒する。18~20歳にまで成長するとほとんどの場合治癒する」と言われていたアトピー性皮膚炎ですが、最近では大人になっても完全に治癒しないケースも増えてきました。

ですから、長期間にわたって強い痒みを感じ続けたら、アトピー性皮膚炎の可能性があるのだと覚えておきましょう。


アトピー性皮膚炎の特徴は?
アトピー性皮膚炎の特徴をまとめてみましたので、早速チェックしていきましょう。

特徴1. アトピー性皮膚炎の場合、湿疹は顔だけではなく、手・首元・頭部・足など広範囲に及ぶことが多い。
特徴2. 湿疹だけではなく、肌が乾燥してガサガサした状態が続いたり、帯状に炎症を起こすこともある。
特徴3. 近しい親族の中に、アトピー体質の人がいる。
特徴4. 特定の食物を口にすると、一気に湿疹やじんましんが広がる。
特徴5. ずっと肌の調子が悪い。良くなったり、悪くなったりを繰り返す。

このような特徴がありますが、自己判断するのはとても難しいと思います。赤ちゃんの肌に異常を感じたら、まずは皮膚科に行って専門の医師の診察を受けることをオススメします。


アトピー性皮膚炎の対処法は?
アトピー性皮膚炎の1番の対処法は、薬物での治療になります。ステロイド剤か、それ以外の薬剤を使用して、医師の判断のもとで症状に合わせた治療を行っていきます。

中にはステロイド剤に対して少し抵抗を持っているママもいるでしょうが、ステロイド剤は作用の強いもの~弱いものまでさまざまですし、医師の指示に従って使用していけば何の問題もありません。

また、日々のスキンケアもアトピー性皮膚炎には非常に重要になります。入浴後や手を洗った後などに小まめに保湿クリームを塗って、肌が乾燥しない状態をキープし続ける必要があるのです。

いかがでしたか?以上「赤ちゃんとアトピー」というテーマで、お話を進めてまいりました。毎日お世話をしているママ達が、いち早く赤ちゃんの肌の異常に気づき何かしらの対処をしてあげることが大切です。

やはり自分では判断が付かないところもありますので、1番は病院へ行き医師の診断を受けることです。薬剤や日々のスキンケアに努めて、少しでも症状を改善できるようなサポートをしてあげましょう。

まとめ
赤ちゃんは湿疹ができやすい!でも、多くの場合は1~2歳で治る

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?
アトピー性皮膚炎の特徴は?
アトピー性皮膚炎の対処法は?

LINEで送る
Pocket